記者を目指す就活女子が読むべき記事 4選

2

新聞記者は超狭き門!

新聞記者、テレビの報道記者、雑誌記者、Webメディアの記者。記者といっても媒体はさまざまですが、その筆頭といえるのが新聞社の記者。ハナジョブでも新聞記者に憧れて、学生記者に応募する学生も少なくありません。

女子の記者職での採用人数をみると、14年度は朝日新聞社が19名、読売新聞社が15名と超狭き門。四季報には倍率は書かれていませんが、相当な倍率でしょう。記者を目指す学生の多くは、知り合いの新聞記者に依頼してエントリーシートをチェックしてもらったり、筆記試験対策をしたり、入念な準備をしているようです。

文章がうまければ記者になれるの?

記者になる人は、人並みはずれて文章がうまいんだろうと思っていませんか?ところが、実際に記者の方に話を聞くと、文章がうまいことよりも大切なことがありました。ハナジョブで取材した記者に共通するのは、自分がこれまで追ってきたテーマがあること。一つのことを深く掘り下げる好奇心と、複眼的に考える力を持つことが重要なんですね。

ハナジョブから選んだ、記者を目指す就活女子のためのインタビュー記事 4選

狭き門をくぐり抜けた記者のみなさんにお話を伺いました。偶然にも、4人中二人が司法試験を目指していましたが、方向転換して新聞記者となりました。物事に対する洞察力が必要なのは、弁護士も記者も同じなのかもしれませんね。

朝日新聞社

面白くて、考えさせられる記事を書きたい。

008_workstyle

読売新聞社

自分の興味の赴くままに様々なことに飛び込める!

042_workstyle

毎日新聞社

人と会うと、必ず一つは新しい発見がある

045_workstyle

ジャパンタイムズ

異国の地、日本ではたらく。

095_workstyle

常識を疑え

新聞記者に求められる力は、ほかの仕事でも必要な力です。会社に入ると、会社の常識が自分の常識になってしまいます。当たり前を当たり前と思わず、なぜだろう?どうしたら改善できるのだろう?と問い続けられるようになりたいですね。

[ad name=”ハナジョブスクールバックナンバー”]

[ad name=”記事内バナー”]

Share.

About Author

ハナジョブ編集部

ハナジョブ編集部スタッフです。


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!