やりたい仕事の見つけかた!<第3回ハナジョブスクール>

4

ハナジョブスクール第3回は「やりたい仕事の見つけかた」です。挑戦的なタイトルをつけてみました。

なぜ挑戦的かって?「やりたい仕事」は簡単には見つからないからです。社会人になっても「今の仕事は本当に私がやりたいことじゃない」と思っている人は少なくありません。

就活では「やりたいことを見つけなさい」と言われたり、「好きなことは仕事にするべきじゃない」と言われたりします。迷っちゃいますね。でも、やりたくない仕事をするより、やりたい仕事をする方がいいに決まってます。だって、起きている時間の半分以上を費やすんですから。でも・・・

仕事をとおしてしか、やりたいことは見つからない

やりたい仕事が簡単に見つかれば苦労はしません。実際には、仕事をとおして「本当にやりたいこと」を見つける人がほとんど。もしも新卒の時点で「自分はやりたいことが明確で、ぶれがない」と思っている人がいたら、それまで何らかの活動をしてきた人か、根拠なくそう思い込んでいるだけの人でしょう。そして、ほとんどは後者です。

現時点では、まだ世の中にどんな会社があり、どんな仕事があるのか見えていないはずです。その中で「やりたいこと」を見つけるのは、とーっても難しい。だから見つからなくても、焦る必要はありません!

やりたいことがある人は、早めに現実を知りましょう

やりたいことある人は、まずはその仕事をしている人に話を聞くといいでしょう。現実はどんな仕事なのか、どんな人が向いているのか、しっかり向き合うことが必要です。

ただの憧れで業界や会社を絞ることが一番キケン。早めに現実を知り、その仕事に就くための努力ができないのであれば、さっさと方向転換するのがオススメです。

やりたいことがない人は、合説に行きましょう

やりたいことがない人は、視野を広げるチャンス。思い込みがないぶん、いろんな仕事と出会える可能性があります(前向きに捉えましょう。笑)

大学で開催される企業説明会もオススメ。その大学の学生を採用する気がある企業しか来ないからです。過去に先輩が就職した企業も狙い目。合同説明会も面倒くさがって行かない学生も多いけど、自分が知らなかったり興味がなかった企業に出会えるチャンスでもあります。バカにしないで行ってみてね。

先輩や家族に話を聞くのもよいし、日刊工業新聞や日経MJで新しいサービスをチェックするのもよし。興味の広げ方はたくさんあります。

結局、やりたい仕事の見つけかたは?

学生のとき「やりたい」と思っていたことが、一生「やりたい」こととは限りません。仕事を積み重ねて、いろんな人に出会って、仕事以外のいろいろな経験をして、その中から「やりたい」ことは見つかります。

だから、やりたいことが見つからないと落ち込まず、まずは企業を物色!掘り出し物を探すくらいの気持ちで就活に取り組んでみてくださいね。

Share.

About Author

ハナジョブ編集部

ハナジョブ編集部スタッフです。


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!