【ハナジョブ記事assort】転職で夢を叶えた先輩たちのストーリーをご紹介します♪

0

ハナジョブでは、社会で活躍する女性や、就活を終えた先輩のインタビューを多数掲載しています。

「たくさんある記事の中から、自分に合った記事を見つけてほしい!」

そんな思いから、ハナジョブ記事assortでは、学生記者が学生の目線で、読者のみなさんにおすすめの記事をテーマごとにピックアップしてご紹介します!

皆さんは「転職」に対してどのようなイメージをお持ちですか?入社した会社が合わなかった時にすること?それとも、キャリアアップのためにすること?ハナジョブ読者の皆さんには、まだピンと来る人は少ないかもしれません。

ただ、少し考えてみてください。今やりたいことが決まっている人でも10年後、20年後・・という期間で考えれば、「やりたいこと」が変わっている可能性はありませんか?逆に、今やりたいことが見つからなくても社会人の過程で見つかるかもしれません。どちらの場合も、その時の1つの手段として「転職」があります!

今回は、「やりたいこと」を実現するための手段として転職をされている3人の社会人女性インタビューを紹介します。転職という手段を使って「やりたいこと」を叶えるまでの葛藤や思いはどのようなものだったのでしょうか?是非ご覧ください!

※記載されている内容はすべてインタビュー当時のものです

 

結果的に、1人ひとりの女性のためになる。だから辛くてもそこに立ち返ってがんばれる。(オムロン)

社会をよりよくするために何ができるか、を考え続けるオムロンで「オムロン式美人」という女性の健康のためのプロジェクトを立ち上げた下瀬陽子さん。実は、新卒でこの会社に就職したわけではなく、渡米経験を経て、派遣社員としてオムロンに入社されています。渡米時代は航空会社で3年間働くといったユニークなキャリアを歩んできました。

転職とは、現状を変えるためにするものと考えている人もいるかもしれません。ただ、転職後も自分のポリシーが変わらない人もいますし、逆に自分のポリシーを継続することを前提において転職する人もいます。下瀬さんも、転職「前」の職業と転職「後」の職業はかなり違いますが、「○○○を○○にしたい」という一貫したポリシーがありました。

自分のポリシーを継続するために転職するってどういう意味なんだろう?と気になる人は是非ご覧ください!

●下瀬さんのインタビュー記事はこちら!

 

空を飛んでみたい!一度きりの人生をかけて挑んだパイロットの道。(日本航空)

日本航空 JAL日本航空でパイロットとして働く田村さんは、元からパイロットの道を目指していたわけではありませんでした。大学卒業後、就職を選択して生命保険の法人営業で働き始めましたが、27歳の時「自分の人生はこのままでいいのか」と悩みはじめました。その矢先、テレビに映ったある映像がきっかけで、パイロットを目指すようになります。

私がこの記事で一番印象に残った部分が「回り道しても○○である」という田村さんの言葉でした。社会人経験を経てから狭き門であるパイロットになるという夢を見つけた田村さんしか伝えることができない言葉だと思います。

社会人になってから、自分のやりたいことを実現することって可能なの?と思っている方に必見の内容です!

●田村さんのインタビュー記事はこちら!

 

どんな職種でも生きる学生時代の「リーダーシップ」経験。顧客の成功体験を作るカスタマーサクセスとは(トクバイ)

新卒で入社した通信システム会社を経て、2015年クックパッド株式会社へ転職、さらに、2017年にその担当事業が独立分社化したのを機に株式会社トクバイへ転籍した佐藤美季さん。そんな佐藤さんは、最初の会社を新卒で入ったあと2年あまりでクックパッドに転職しました。2年と聞くと早いのでは?と感じる人もいるのではないでしょうか。

しかし、佐藤さんは25歳までに、自分に何ができるのか、どんな実績を残したか、を言えるようになりたいと思っていたので決して早い決断とは思いませんでした。その根底にあるのは、女性であれば誰もがぶつかるはずのある課題を見据えた上での決断でした。

転職のベストなタイミングっていつ?何回も転職するのってあり?そんな疑問や不安を持っている人も多いはず。複数回の転職を経た佐藤さんしか伝えることのできないメッセージも載っているので是非ご覧ください!

●佐藤さんのインタビュー記事はこちら!

 

今回「転職」というテーマの記事をまとめてみて感じたのは、新卒で選んだ仕事が人生の全てではないということです。

この記事で紹介した先輩方のように、社会人経験を積んでから自分の夢を見つけた人もいます。また、複数回転職を繰り返しながら、自分のやりたいことを見つけた先輩もいます。

就職活動に王道はありません。極端な言い方ですが、新卒で希望の職種に就くのも、転職を経てやりたいことを見つけるのも、全てが“正解”だと思います。確かに、転職を挟むと自分の描いていたキャリアプランから回り道になってしまう場合もあります。しかし、時間をかけて自分の本当の気持ちにじっくりと耳を傾けることも必要であるのではないでしょうか。

次回は、「海外」をキーワードにしたインタビュー記事を紹介します!お楽しみに!

Share.

About Author

長谷川 佳那

都内の大学に通う大学3年生。大学では英語圏文化と教育について学んでいます。将来は英語を使った仕事につきたいと思っています。 文章を書くことが好きという理由で学生記者を始めました!

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!