空を飛んでみたい!一度きりの人生をかけて挑んだパイロットの道。(日本航空)

0

日本航空でパイロットとして働く田村さん。強い意志で挑んだパイロットの道。諦めない気持ちを貫いて、夢を叶えられました。女性でパイロット?と思った読者の皆さん、田村さんのお話を聞いて、職業の選択肢としてパイロットも考えてみませんか。

固定観念を捨ててほしい。多くの人に可能性はある

現在のお仕事内容を教えてください。

日本航空でボーイング737-800型機という機種の副操縦士をしています。165人乗りの飛行機で国内線を中心に業務しています。1日のフライトはだいたい3便で、日帰りだと4便になることもあります。

例えば、先日のフライトスケジュールでは、羽田から青森に行って、青森から北九州に行き、北九州に泊まりました。次の日は、北九州から羽田に行き、広島に行って羽田に戻るというスケジュールでした。飛行機を操縦する以外にも、万が一他のパイロットが風邪などを引いたときに代わるためのスタンバイという業務や情報を共有するミーティングなどの業務もあります。

他の仕事を経験されてから、パイロットになられたそうですね。何かきっかけはありましたか。

27歳の頃にこれからの人生について悩んだことがきっかけです。大学では水産学部でゾウリムシを使った体内時計の研究をしていました。大学4年生のとき、その道を極めるために大学院に行くか就職するかの決断を迫られ、就職を選択して生命保険の法人営業で働き始めました。

そこで働きながら数年経ったとき、このままでいいのかなと迷いが生まれて。そのときにたまたまテレビ番組で目に留まったのがドクターヘリのパイロットでした。わかりやすく、人のお役に立てる仕事だなと思い、調べたのが人生の転機でしたね。

調べていくうちに飛行機のパイロットも選択肢に入って、1年ほど悩みました。それでも最終的には飛んでみたい!と、空を飛ぶ仕事を目指すことが固まってライセンスを取ることにしました。

元からパイロットになりたかったというわけではなかったんですね。

そうなんです。でも、回り道をしても、諦めなければ修正はできるということを知っておいてほしいです。もちろん、最初から迷わず好きなことに向かっていけたら、それに越したことはないと思います。ただ、そうじゃなくても何かやりたいことが決まったときに、そこに突き進めばいいんです。

女性でパイロットって珍しいですよね。

弊社でも年々増えてはいるものの、女性のパイロットはまだまだ少ないのが現状です。パイロットは男性の仕事だとか、メガネやコンタクトではなれないなど、固定観念が世の中にあるのではないかと思います。

確かに昔は男性しかいませんでしたが、現在は女性パイロットも活躍しています。また、目が悪い人でも矯正視力で規定を満たせばパイロットになれます。性別関係なく多くの人に可能性があるということを知って、興味を持っていただきたいです。

日本航空 JAL

1 2 3
Share.

About Author

麦田 菜々子

小学校5年生から始めた、チアリーディングを部活でしています。筋肉をつけたくなくても日々たくましくなってしまう体育会系女子。飛行機が大好きで、身の回りのものは、ほぼ機内販売か飛行機が描かれています。好きが高じて、パイロットになりたいと思った時期もありましたが、今は将来を模索中。思い立ったらすぐ行動してみて、とことん悩む。そんな私だからこそ書ける、何か新しい発見を与えられる記事を女子の皆さんに提供したいです。

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!