相手にするのはヨーロッパ!タイヤで日本と海外をつなぐ(ブリヂストン)

0

欧州でブリヂストンのタイヤの製造・販売を拡大させるために、現地の方と日々関わりながらお仕事をされている星野めぐみさん。その仕事ならではのおもしろさや難しさを教えていただきました。 またお子さんがいるということで、仕事と子育ての両立についてもお伺いしています。 将来仕事も子育てもがんばりたいという学生の皆さん必見です!ぜひお読みください!

日本と海外をつなぐ仕事

現在はどのようなお仕事をされていますか?

私は現在、欧州・ロシア・中近東・アフリカ事業部の欧州ユニットに所属しています。ベルギーのブリュッセルにある子会社と日本にあるブリヂストン本社をつなぐ役割を担っています。欧州で日本のサポートが必要なものは何でも対応する、という感じですね。

具体的には欧州でのブリヂストンのタイヤの販売状況、また欧州各国にある工場の生産状況や財務状況を毎月まとめて、日本側のマネージメント層に報告をしています。その他には、現地の工場のタイヤ生産能力の増強や販売網の構築といったプロジェクトの推進に必要な日本からのサポート業務も行っています。

海外の方と一緒にお仕事されているんですね!その上で大変なことはありますか?

まずはコミュニケーションの面で大変だと感じますね。基本的には英語でコミュニケーションを取りますが、相手も英語が母国語でない可能性もあり、細かいニュアンスが伝わりにくいことがあります。ですのでメールの文章も、長くせず要点だけ書くなど、なるべくわかりやすく伝えるように心がけています。

また、直接連絡を取り合った方がお互いに理解しやすいので、電話をかけたり、実際に現地に行って話したり、ということも重要だと考えています。

日本と欧州では時差がありますから、なかなかタイムリーに連絡を取り合えないことも大変な点の1つです。私には子どもがいるのですが、保育園のお迎えでどうしても早く帰らないといけないときがあります。ちょうど欧州の始業と同じ時間帯なので、すぐに連絡が取れないことも多く、その場合は上司や同僚にサポートをお願いしています。

お仕事で心がけていることを教えてください。

相手の立場に立って物事を考えることをとても大切にしています。お互いの理解を深めるために、メールを書くにしても、電話をかけるにしても相手がどういう立場で話しているのかを考えながら自分も発言をするように心がけています。

特にブリュッセルの子会社には様々な国やバックグラウンドの人が働いており、仕事に対する考え方も本当にさまざまです。だからこそ相手のことを考えて行動することで、より仕事がスムーズに進んでいくと思います。

もちろん同じ日本人に対してもそのスタンスは変わりません。学生時代とは違い、社会人になると多様な人と仕事をすることになるので、その1人ひとりにどう対応していくか臨機応変に考えていく必要があります。

現在に至るまではどのようなお仕事をされていましたか?

新卒で入社してから約4年半は、国際渉外部で事業の買収や売却を専門に行っていました。いわゆるM&Aを専門に担当する部署です。社内で実際にM&Aを行う部署でも専門知識がある人は少ないので、私たちの方でアドバイスをするなどのサポートをしていました。

また、私は大学でマーケティングの勉強をしており、物をどのように売るかを考える部署で働きたいという思いがありました。そのため当時の上司にはいつか希望が叶うように、思いを伝えたり相談したりしていましたね。その結果、約4年後にロシア事業部に異動が決まりました。

ロシア事業部ですか!そこではどのようなお仕事をされていたんですか?

ロシア事業部では主に、アゼルバイジャンやジョージア、トルクメニスタンといったCIS諸国(旧ソ連諸国12カ国の独立国家共同体)へのタイヤの販売を担当していました。なかなか馴染みがないですよね(笑)。販売担当ということで、現地に足を運ぶことも多く、貴重な経験ができたと思います。

CIS諸国という馴染みのない国々に行ったからこそ学べたことはありますか?

ブリヂストンの企業理念に「現物現場」、つまり現場に足を運び、自らの目で真実を確かめるという言葉があります。CIS諸国を担当することになってまさにその重要性を実感しました。

CIS諸国のそれぞれの国にブリヂストンのタイヤを販売している代理店がいて、その代理店と共同で販売促進策を考えていきますが、限られた予算を何に充てていくかで代理店側と意見が異なることがよくあり、どうしても現地のアイデアに納得できないことがありました。

しかし、実際に現地に足を運び、自ら市場の状況を確認すると代理店側の意図していることが見えてきて、日本で当たり前だと思っていることが必ずしも通じないことを実感しました。

アメリカでの経験が与えてくれたもの

それでは次に学生時代のことをお伺いしたいと思います。先ほど大学ではマーケティングを勉強されていたとおっしゃっていましたが、その理由を教えてください。

高校のときにアメリカに住んでいたのですが、そこは音楽ビジネスが盛んな街だったこともあり、将来音楽ビジネスに関わりたいという友人が多くいました。そんな彼らに影響を受け、「音楽をどうやって売っていくか」ということに興味を持つようになりました。

ただ日本の大学に進学してからは、音楽だけでなく日本の品質の良い物や技術を海外に発信したいという思いに変わりましたね。それで、マーケティングを学ぶことにしたんです。また、日本だけでなく海外の大学でさまざまな人に混じりながら勉強したいと思い、大学3年の夏から1年間アメリカの大学に留学をしていました。

アメリカの大学と日本の大学ではどのような部分が違いましたか?

当時の日本の大学との違いは、アメリカの大学では授業中に学生が積極的に発言することが求められたり、グループディスカッションを行う機会が多くあるなど、学生が積極的に授業に参加することが求められることでした。

発言をすることやグループディスカッションの中での貢献度が成績にもつながるので、その時の経験から恐れずに自分の考えを発信する力が身についたと思います。

大学時代は勉学に集中しながらも、留学での経験を通してさまざまなことを学ばれたのですね!就職活動はどのようにされていましたか?

マーケティングの勉強をして、日本の物や技術を海外に発信したいと考えていたので、日本のメーカーを中心に就職活動をしていました。

その中でもなぜブリヂストンを選んだのですか?

面接などを受けて会社の雰囲気が自分に合っていると思ったからです。

ブリヂストンの面接は、じっくり話を聞いてくれるスタイルだったので、自分の考えをしっかりと伝えることができました。そのような会社の雰囲気が自分に合っているなと感じましたね。

子育てをしながら働くということ

お子さんがいらっしゃるということですが、仕事と育児はどのように両立されていますか?

平日は子どもを保育園に預けています。朝は夫が子どもの見送りをしていて、夕方は私が迎えに行きます。そのため遅くまで仕事ができないので、会社にいる間は仕事にしっかり集中するように心がけていますね。スケジュールも自分で細かく管理して工夫をしています。

もちろん周りの方のサポートにも助けられています。例えば子どもが熱を出して保育園から呼び出されたときや自分自身が体調を崩したときは、夫やそれぞれの両親に助けてもらいます。家族だけではなく、上司や同僚からもサポートいただけていますので、恵まれた環境で仕事ができていると思いますね。

お子さんが生まれたことで、仕事への姿勢に変化はありましたか?

子どもが生まれてから、効率よく仕事をすることが私のモットーになりました。どうしても仕事時間が限られてしまうので、短い時間の中でどれだけ成果を出せるかということに力を注いでいます。

目標を持ちながら仕事と子育てを両立する、その原動力は…

星野さんの今後の目標を教えてください。

いずれは海外駐在を経験し、異なる会社文化や環境の中で仕事をしていきたいと考えています。その際はできれば家族を連れていき、子どもには自分と同じような海外での経験をさせてあげたいとも思っています。

女性にとって結婚、出産を経験して新たに仕事での目標を持つのはなかなか難しいことだと思うのですが、星野さんの原動力になっているものは何だと思いますか?

やっぱり子どもです。子どもにかっこいいお母さんを見せたいという思いが原動力になっていますね。

ライフステージの変化がありながらも、目標を持ちながら仕事と子育てを両立している星野さんにすごく憧れます!

周りの環境によるところがすごく大きいと思います。ブリヂストンには在宅勤務制度やその他女性が育児、出産をしやすい制度が充実していますし、実際にそれを活用している社員も多くいます。

また上司や同僚にも共働きをしながら子育てをされている方がいるので、職場での理解はとても得やすいです。夫や両親も共働きをポジティブに捉えてくれています。本当にありがたい環境にいるからこそ、今もこうやって仕事を続けられているのだと思います。

最後に学生へのメッセージをお願いします!

学生時代は自由に使える時間を連続的に取りやすいと思うので、留学やインターンシップ、ボランティア、旅行など長期間に及ぶ経験でやりたいことがあればどんどん取り組んで、いろいろな経験をしてほしいです。学生時代の経験は必ず社会人生活にも生きるはずです。

取材を終えて

海外の方と仕事をし、時には現地にも赴く星野さん。そのように日々忙しい中でも、仕事と育児を両立させ、目標を持ちながらがんばっている姿は本当にかっこいいと感じました。私も星野さんのように、さまざまなライフステージを経験しながらも自分の目標をしっかり持ち、前へ進んでいけるような女性になりたいと思いました!星野さん、貴重なお話をありがとうございました!

株式会社ブリヂストン

株式会社ブリヂストンは、世界26か国に180以上の生産・開発拠点を持ち、150を超える国々で事業活動を行っています。タイヤの製造・販売を行うタイヤ事業、自動車用部品や自転車、スポーツ用品などを扱う多角化事業、商品にサービスやIT技術を組み合わせたソリューションビジネスを展開しています。

Share.

About Author

淺尾 理沙子

地理学を専攻している大学2年生。韓国の文化が大好きで、ソウルへ短期語学留学に行っていました。ソウルの雑多な町並みは最高ですよ!!最近は様々な国の音楽を聴くことにもはまっていて、インドネシアのバンドがお気に入り!自分の思いや考えを形にして発信している人に憧れ、学生記者として活動を始めようと思いました。ハナジョブでは読者の方にときめきを与えられるような記事を書いていきたいです!

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!