他の人がやらないことをチームで叶える! 日本初のスポーツマネジメント研究者(小笠原悦子:NPO法人ジュース)

0

みなさんは、誰も挑戦したことがないことに進んで取り組んでみようと考えたことはありますか。誰も教えてくれる人がいないと、自分は合っているのか不安になってしまい、なかなか一歩が踏み出せない…そんな経験をした人もいると思います。

今回は、日本人で初めてスポーツマネジメントの博士号を取り、「女性スポーツ」に携わり続けるNPO法人ジュース理事長の小笠原悦子さんにお話をお聞きしました。誰も足を踏み入れていなかったことにどんどんチャレンジをしてきた小笠原さん。チャレンジのきっかけや大切にしている考え方、そして新しいことへのチャレンジになかなか一歩踏み出せない女子学生へのメッセージを語っていただきました。

コーチの経験が次のキャリアを開いた

現在のお仕事内容について教えてください。

順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科及び、スポーツ健康科学部スポーツマネジメント学科の教授をしています。教えているのは、学部生と院生です。さらに、2014年に設立した、女性スポーツ研究センターのセンター長も務めています。

また、NPO法人ジュース(Japanese Association for Women in Sport. 以下、JWS)の理事長の仕事も行なっています。2006年世界女性スポーツ会議の誘致を熊本市と行うなど、一時期はJWSがメインで仕事をしていましたが、現在は100%に近いくらい大学の仕事が中心ですね。

水泳コーチをされていたそうですが、将来を見据えたときに、水泳コーチであることにこだわりがありましたか?それともスポーツに関わるということにこだわりがありましたか?

それはもう、水泳コーチであることにこだわっていました。自分も水泳の選手だったからです。茨城県の県新記録を持っていたんですよ!ただ、全国大会に行くと周りに圧倒されていました。だからこそ、コーチなら成功するかもしれないと思い、コーチになったんです。コーチとして、絶対にオリンピックに行きたいと思っていましたね。

水泳一筋だったにも関わらず他の道に進むとなったとき、どのようなお気持ちでしたか?

結構寂しさがありましたよ。1988年のソウルオリンピックで鈴木大地さんが金メダルをとったときのコーチングスタッフをした経験もありましたし。でも「水泳コーチとしてオリンピックに行く」という目標は遂げられたので、そのときには「スポーツマネジメントの勉強をしたい」という次の人生のキャリアが見えていました。

スポーツマネジメントという学問に出会ったのはどんなタイミングだったのでしょうか?

アメリカに留学した時に、アメリカの大学のコーチの在り方を見たことがきっかけです。アメリカのコーチたちはコーチ業のためだけに大学に雇われ、プロフェッショナルとして働くのに、日本では大学の教員として働きながら+αでコーチとして働く。もともとこの現実にギャップを感じていたんです。

さらに、当時1990年始めに、既にアメリカではスポーツマネジメントが学問になっているということ、コーチ達はほとんどが大学院レベルでスポーツを学んでいることを初めて知ったんです。日本では誰も知らない、見たことがない、学問になっていることも知らない「スポーツマネジメント」という学問があると知ってからどうしてもこの勉強をしたくて、コーチを辞めて勉強することにしました。34歳くらいのときです。4年後に日本人では初めてスポーツマネジメントの博士号を取得しました。

1 2 3
Share.

About Author

江の島が大好きな大学生です。大学では情報学を専攻。気になったものはとりあえず手を出してしまうタイプです。例えば椎茸栽培キット。育てるのもよし、眺めるのもよし、食べるもよし!今の生活の癒しです。最近はスプーン曲げにハマりだしました…。  "記事を書いてみたい"という思いで始めたハナジョブ学生記者。至らない点が多いかもしれませんが、努力していきます!

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!

 \LINE友だち登録でイベントやプロジェクト募集のお知らせがいち早く届きます!/