葛藤しながら続けてきた記者の道。事実をわかりやすく伝えていきたい。(共同通信社)

0

経験を積み重ねていくことで整理できた気持ち

今は記者として迷いはありますか?

今はないですが、入社して3年目ぐらいまではかなり迷いがありました。初めは事件、事故の取材が多くて、嫌がられるような取材に意味があるのかなとか、自分がやったことが何かの役に立っているのかなとか、葛藤がありました。

気持ちの整理がつくようになったのは、やはり年数の積み重ねが大きいですか?

そうですね。年数を積み重ねて、役に立つこともあると思えるようになりました。嫌がる方への取材に対しては今でも悩むことはありますが、葛藤しながらやっていくというのが私の答えです。

今現在、記者という仕事はどういうものだと思っていますか?

難しいですが、必要な仕事だと思いますね。市民に情報が届かないというのは問題なので、情報を伝える人として社会に必要なんじゃないかなと私は思っています。

今後どんな記事を書いていきたいと思いますか?

今は総務省担当なので、制度についてできるだけわかりやすく伝えていきたいですね。制度の話は抽象的でわかりにくいですが、歴史的背景を紐解くとなぜ現在の制度になったのかを理解できるんです。

学生に向けてのメッセージ

実は私も記者職に興味があります。これから同じ仕事に就きたい人に対して伝えたいことがあればお聞きしたいです。

先ほどもお話しましたが、記者は葛藤が生じる職業です。そういう部分では大変かもしれませんが、自分が興味を持ったこと、すごいと思うことを記事にして発信できるのでやりがいはとてもありますね。だから、やりたいのであればぜひ目指してほしいという気持ちです。自分が理解した上でわかりやすい文章としてアウトプットするのは、面白い作業なんですよ。 どんな仕事でも2年程したら「自分が思っていたものと違う」と壁にぶつかることはあると思うんですよね。でも、その職業に自分が希望を持っているなら、続けてほしいです。壁はどこかで乗り越えないとその先にはいけないですし、そこを乗り越えると見えてくる世界が違ってくるのかなと。

最後に学生にメッセージをお願いします。

学生のときは本当にいろんなチャレンジができる時期だと思います。自分が向いているとか向いていないとか、そういうのをあまり気にせずにトライしたらいいかなと。サークルでもバイトでも本業の学業でも何でもいいですしね。どんな過ごし方をしても自分の経験になると思うので、やりたいなと思ったことは躊躇せずにやってみたらいいと思います。

共同通信社

取材を終えて

世間ではマスコミの負の側面がクローズアップされ、私も記者職にはわりとハードなイメージをもっており、現役の記者の方がどんな思いをもって働かれているのか気になっていました。 今回、共同通信社の藤元さんにお話を伺いましたが、あくまでも謙虚に丁寧にご自身の仕事を振り返ってお話される姿がとても印象的でした。同時に、非常にハードな地方勤務や、2人の子育てと記者仕事の両立してきた藤元さんのタフさには驚きました! 多くの経験を重ねた今でも悩みながら、必要性や魅力を感じて、記者を続けていらっしゃる藤元さんに話を伺うことができて、自分にとっていろんな学びがありました。お忙しい中、お時間いただきありがとうございました。

一般社団法人共同通信社

共同通信社は1945年、「正確公平な内外ニュースその他の情報を提供し、公平な世論の形成と社会の健全な発展、国際相互理解の増進に寄与すること」を目的に全国の新聞社、NHKが組織する社団法人として設立された、日本を代表する総合国際通信社です。東京本社をはじめ、国内に6支社・45支局、海外に42総支局があり、国内外のニュースを国内の主要報道機関や海外メディアに配信しています。

1 2 3
Share.

About Author

小池千紘

千葉大学3年。体を動かすことが好きで、クラシックバレエと陸上をやっていました。最近は、筋トレとストレッチを毎晩のんびりやっています。高校時代と比べると量こそ減りましたが食べることも好きです。大学で専攻しているのは社会学で、ジェンダーバイアスや女性の働く環境など私たちが生きる社会の側に興味があります。記事を通して女子学生の皆さんが働くことを考えるきっかけになれるように、学生記者として頑張ります!

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!