薬を待っている患者さんのために、常に新しい視点で薬を生み出したい(アステラス製薬)

0

社名に「明日を照らす」という意味が込められた、アステラス製薬でお仕事をされている岩井さん。医薬品を世の中に出す前に、人での有効性と安全性を検討する「臨床試験」を担当する開発本部でお仕事をされています。

岩井さんは、臨床薬理部という部署で、医薬品の適切な使いかた(用法)や使う量(用量)を提案する仕事や、研究・開発で得られた検査結果等を基にその後の開発計画を最適化するお仕事、さらに効率的で安全な医薬品開発により、世の中に医薬品を送り出すお仕事をされています。岩井さんのお仕事の内容、グローバルで働くこと、育児をしながら働くこと、今後の挑戦などについて伺いました。

人それぞれにあった薬の用量や用法を提案するお仕事

現在のお仕事の内容を教えてください。

開発本部臨床薬理部企画推進グループに所属しています。開発本部とは、医薬品を世の中に出す前に人での有効性と安全性を検討する臨床試験(治験)を担当する部門です。

仕事の一つは、医薬品を販売する前に、最適な用法や用量を提案することです。

子どもや高齢者、持病をお持ちの方など、さまざまな人がいますよね。「こういう患者さんに医薬品を安全でちゃんと効き目が得られるように服用していただくには、どういう用法用量が最適なのか?この方法で、すべての患者さんにちゃんと使えるのか?」というのは大切な問題です。臨床試験を計画し、得られたデータから適切な用量用法がどのくらいなのかを探っています。

トランスレーショナルサイエンスって聞いたことありますか?それも臨床薬理部の仕事の一つです。橋渡し研究とも言われていますが、基礎研究で得られた知見・成果を応用し、新しい医薬品へつなげるための研究です。

私自身が手を動かして、実験しているわけではありません。研究に携わる方々が、細胞や試験管を用いて医薬品の種となる物質の有効性や安全性の可能性を探ります。それを臨床試験に繋げるときには、研究結果の解釈と臨床試験計画にどう反映させるかが大事です。私は、研究職の方と議論を重ね、臨床試験の計画を立てていくというお仕事をしています。

細胞や試験管を用いた基礎研究と実際の医療現場をつなぐお仕事なのですね!

そうですね。患者さんにできるだけ早く医薬品をお届けしたいので、臨床試験で何を検証すればいいのか、どの手法を使えば早く効果があるかどうか検証できるのか、何をすれば適切な用法用量が早くわかるかなどを判断して臨床試験を推進するのも私たちの仕事です。

できるだけ早く薬の効果や安全性を確認するのも大事なんですね。そのため、海外で働く方と一緒に働いたりすることも多いんですよね。

多いです。このインタビューの前にも中国人の方と会議していました(笑)。薬の開発をするとき、日本だけで開発することのほうが稀で、世界中で並行して開発することが多いです。その場合、欧米やアジアのアステラス海外拠点の同僚とやり取りする機会も多くなっています。

自社の海外社員だけではなく他社の海外社員とコラボレーションすることもよくあります。私は今、アメリカの会社との協働開発の仕事も担当しているのですが、日本と海外という違いだけではなくて、企業文化や考え方もアステラスとは違う面もあり、とても新鮮です。

なぜ他社とコラボレーションするのですか?ライバルなのかと思っていました(笑)。

お互いの強みを生かして薬を開発するということですね。どの会社にも得意な分野や未知の分野がありますし、医薬品開発には多大なコストがかかります。

アステラスが、未経験の新しい分野の医薬品の開発をするときに「この領域はアステラス側では経験がないから他社の経験や薬の種を活用させてもらおう」と考えることもありますし、相手方にとっても「アステラス側の経験や資産を活用して早く医薬品を世の中に出せる」というメリットもあります。

外国の方とお仕事をすることも多いということで、何か苦労はされましたか?

はい、それなりの苦労はあります。入社したばかりのときは、英語のメールを作成するだけでかなり時間がかかりました。今では、業務で日常的に英語を使いますし、使う単語の種類もそれほど多いわけではないのでだんだん慣れてきました。今でも、「正しい英語」は話せていないような気がしますが(笑)。

大切なのは正しい英語を使うことではなく、言いたいことをきちんと伝えること、また、相手の意見にしっかりと耳を傾けること、ではないかと強く感じています。

研究に没頭した学生時代と就職活動

薬学部出身だと伺いましたが、大学時代はどのような生活をされていたのですか?

大学の1、2年生のときは、勉強とサークル活動とアルバイトとをバランスよくやっていました。サークル活動はオーケストラをしていて、私はチェロを弾いていました。半年に1度開かれる定期演奏会のためにがんばっていましたね。4年生になって研究室に所属するとかなり忙しく研究をしていました。

研究室に所属すると忙しいですよね。

はい。薬物動態を研究する研究室に所属していました。薬物動態とは、薬がどこでどのくらい吸収され、組織に分布し、酵素によって代謝され、どのように排泄されるのかといったメカニズムを研究する学問です。実験していると時間があっという間に過ぎてしまいます。家が片道2時間かかる場所にあったので「終電に間に合わない!」という日が多く、ものの1年で1人暮らしをさせてもらうことにしました。

就活をする際は製薬会社をメインで探していたのですか。

そうですね。所属していた研究室も薬物動態という製薬会社に繋がりの深い研究をしていたので、製薬会社はすごく身近な存在でした。

今思えば、母も薬関係のお仕事をしていたので、薬学部に入ったのも製薬会社に入社したのも何か影響を受けているのかなと思います。なので、自然な流れで製薬会社が選択肢の中に入っていましたね。

自然と自分が働きたい業種が見つかったのですね。アステラス製薬という会社を選んだ理由はありますか。

研究室の先輩が何人か就職されていたこと、先輩方が生き生きと仕事をされていたこと、私も生き生きと楽しく、自分の能力を使って仕事をしたいなと思ったのがきっかけです。

子育てをしつつ、新しい手法の仕事にも挑戦したい

育児をされていると伺いました!勤務スタイルを教えてください。

勤務スタイルとしては朝7時頃に会社に来て、4時半頃に帰るというスタイルをとっています。夕方や夜の海外との会議は、子どものお迎えがあるので、家から電話で参加するなど、柔軟な対応を取らせていただいています。アステラスには、いろいろな働き方があり、私は裁量労働を利用しています。

家庭では、夫と協力して育児をしています。普段は、朝は夫が子どもたちを送り出し、夕方のお迎えは私が行くという分担をしています。裁量労働のおかげで、朝が早い代わりに、夜はドタバタですが子どもと過ごす時間が持てて助かっています。

アステラス製薬では男性も女性も育児に協力的な環境があるのですか。

そう思います。ベストな働き方はご家庭によって違うので一概に言えませんが、それを叶えやすい環境や風土がアステラスにはあると思います。

社内でも男性が「今日はお迎えがあるから帰ります」「子どもが熱を出したから帰ります」ということはよくありますよ。業務の種類にもよりますが在宅勤務もできます。私も週に1回とか2週に1回利用しています。

今後どのようにお仕事をされていきたいですか?

今は子育てをしていて、仕事を多少抑えている部分あります。子どもの成長に合わせて、今後は徐々にその抑えを取り払っていきたいなという思いがあります。仕事上でも、新しいチャレンジをしていきたいですね。

新しいチャレンジというのはどういうことなのでしょうか?

これまで製薬会社で開発していた医薬品は、主に低分子化合物と呼ばれる有機化合物だったのですが、最近は遺伝子治療や抗体を用いた治療も増えてきました。新しいチャレンジゆえに、今までと同じ方法や考え方では開発できなくて、すごく難しいです。

一方で、難しいがゆえに、挑戦しがいがあり魅力的です。自分自身の視野も広がるのでとても楽しいです。しかも、今まで治療できなかった病気を治療できるようになる可能性があります。「患者さんのお役に立てたかも」と感じられる瞬間が、やっぱり、製薬会社に勤めていて一番うれしいことですから。

同じ職業に就きたい人に対してのアドバイスをお願いします!!学生時代に何をすればいいのでしょうか?

周りに興味をもって、その中からたくさんのことを発見していってほしいと思います。何をしていてもいいと思います。たくさん遊んでもいいし、たくさん旅行に行ってもいいし、ハナラボの学生さんのようにいろいろな企業を回ってもいいし、何もしなくてもいいと思います。

一つひとつの経験を積み重ねる中で自然と何かを見つけていくと思います。そうして見つけたものは、将来的に自分が生きていく中のどこか、大切なものになっていくのだと思います。

例えば、製薬企業の社員という視点で言うと、街を歩けば「最近マスクの人が増えてきたな」とか「インフルエンザ流行っているのかな」とか「家族や友達が病気になったときこういうことが大変だったな」とか、どんなことにでも小さな発見があると思います。

何気ないこういったことでも、「どんな病気が流行っていて、どんな医薬品があったら患者さんはうれしいのかな?」と言ったことは、私たちの仕事上では大切な発見です。いろいろなことに興味を持つことが全部仕事につながっていきます。

最後に、学生に向けてメッセージをいただきたいです。

何にでも興味を持って、ワクワクした目で周りを見てほしいです。「こういうことをしたい」という思いは、自分の経験で感じたことから自然に芽生えるものだと私は思います。何か面白いことないかな、って周りを見て、その中でさまざまなヒントを見出してほしいなと思います。

取材を終えて

製薬会社の研究と開発の違いや、海外の方と仕事をする上での考え方などさまざまなことを伺うことができました。私も常に「面白いことないかな」とアンテナを張って多くの情報を吸収していこうと思います。岩井さん、貴重なお話ありがとうございました。

アステラス製薬株式会社
アステラス製薬株式会社は、東京に本社を置き、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」ことを経営理念に掲げる製薬企業です。重点疾患領域である泌尿器、がん、免疫科学、腎疾患、神経科学、筋疾患、眼科に加えて、新技術・新治療手段を活用した創薬研究にも取り組んでいます。さらには各種医療・ヘルスケア事業との融合による新たな価値創出にも挑戦しています。アステラス製薬は、変化する医療の最先端に立ち、科学の進歩を患者さんの価値に変えていきます。

Share.

About Author

久保美遥

東京薬科大学生命科学部3年。生物学、化学、医科学を中心に学んでいて、部活でも実験しています!日々、1限からの授業や実験のレポート、アルバイトに追われていますが、とても充実していて楽しい学生生活を送っています。趣味は軽い運動と映画鑑賞です。ラジオ体操で体型維持をしつつリフレッシュしています。女性の働くことへの意識の違いや、社会で輝く働き方に興味があります。ハナラボを通して女子学生の皆さんに活力を与えられるような記事を届けたいです。

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!