【働き女子のすっぴんトーク vol.01】テレワークで人生が豊かに?!コロナがきっかけで見えたこと

0

変わる、私たちの生活スタイル

新型コロナウィルスの収束後も、働き方に変化は生じると思いますか?

nana:変化は絶対にあると思います。オンラインで会議も営業もできますし、自宅でも働けることが分かったので、週5で出社する必要はなくなると思っています。もちろん直接会って話をしたほうが早いこともあると思うので、そこはバランスをとっていきたいと思いますね。

aya:私も絶対これから変わると思っています。むしろ元に戻ろうとする会社は、時代の変化に置いていかれるんじゃないかなと思います。そうはいっても、人と実際に会うことで、社会的コミュニティを築くことができるという面でオンラインでは補えない部分の大切さはあると思います。ただし、コロナを通してこれまで無駄にやっていたことが、かなりそぎ落とされたように思います。

具体的にどんなことが無駄だと感じていましたか?

aya:まず通勤時間が無駄だったと思います。もう満員電車に乗れる気がしませんし、それがないだけで楽になりましたね。あとは、無駄な会議ですね。やたら会議したがる人も会社にはいるので、無駄だったと思います(笑)

nana:無駄がなくなるという話で思い出しましたが、今はどの企業もオンライン研修に変わりつつありますよね。今まで会社の経費としてかかっていた交通費や宿泊費が削減されて、他のところにお金をかけられるメリットがありますね。

aya:5Gも出てきているのでタイムラグや音声の乱れも改善されて、オンライン化はますます進むと思いますね。

azusa:私の会社では、申し込みの方法が郵送しかないという問題点があります。早くペーパーレスでオンラインの申し込みができるようになればいいなと思います。ただし、特にご高齢の方は、直接会って理解度を確認しながら、お話した方がいいのかなとも思いますね。コロナをきっかけに働き方は変わっていくだろうとは感じています。もはや東京に住む意味はあるのかな?という考え方に変わってきました。

aya:そうそうそう!わかります!田舎に暮らしたい!

▼azusaさんは、在宅勤務で固まった筋肉を解して、身体をスッキリさせているそうです。

新しい働き方になったら、新しく始めたいことは何かありますか?

aya:今ぱっと思い浮かんだのが、筋肉をつけたいですかね。あとは、資格の勉強もしたいですね。時間が増えたので、今年はいよいよ真剣に勉強しようかなという気にはなっています。

azusa:子供を産む前は、個人的に勉強会やセミナーを主催する側で開催していたことがあったんですよ。やったことはないけど、オンラインでの実施も意外といいかもなと思っているので頑張ってみたいです。

新しい働き方になることで自分の好きなことができる時間が増えたということですね。

aya:そうだと思います。結構忙しい時期は、家に帰って寝るだけの生活を送っていたので、どんどん人間らしさを失っていたんですよ。それが、最近は人間らしい豊かな生活を取り戻せたと感じています。

やっぱり楽しみが広がりますね、ありがとうございます。質問は以上になります。今回、テレワークは意外と良いことがたくさんあるよ、というお話を伺うことができました。コロナウィルスの影響によって変化した働き方について、疑問や不安に思っていたことが改善できたように思います。貴重なお話をありがとうございました。

座談会を終えて

お話を伺った3人に共通していたのは「オンラインを使用して人との繋がりを大切にしている」ということです。現在は、新型コロナウィルスの影響と情報技術の発展によって、以前まで当たり前に行われていたことが変化しつつあるようです。自分のやりたいこと・自分に向いていることを知ると同時に、世の中の変化にも目を向けていきたいなと思いました。

 

1 2 3
Share.

About Author

浅野 愛佳

都内の女子大3年生。大学では「メディア・情報デザイン・多文化」の3つの柱を軸に、コミュニケーションに関連する事柄を横断的に学んでいます。体を動かすことが大好きで、中高ではバドミントン部に所属。現在はトランポリンのフィットネスに熱中し、毎日のように飛んでいます。 多くの方との出会いを大切にし、女子学生の皆さんが「読んで良かった」と思える記事を書くことが目標です。学生記者の経験を通して自分自身もジャンプアップできるように、頑張ります。

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!