HATACHIの想い#1「女子大生が自分の内側と素直に向き合う場を生み出したい」

0

取り組み②ハタチノハナシ

女子大生インタビューとも関連しますが、現状、選択肢を増やすプログラムや機会は多く提供されていますが、それをどうやって選択していくのか、彼女たちの内側と向き合える場を提供したり、同年代同士で伴走するシステムはまだ多くありません。そこで、HATACHIのもう一つの取り組みである「女子大生のありたい姿を言語化する1ヶ月間」ハタチノハナシでは、下記の状態にいる女子大生向けのプログラムを提供しています。

・自分の中でモヤモヤしたものがあり、それを言語化したいと思っている

・将来の自分の姿に対して不安がある

・何かやりたいと思っているけど、一歩踏み出せていない

・自分の可能性を発見し、最大限活かし行動を起こしたい

プログラム概要はこちらからご覧下さい

【リリース】女子大生のありたい姿を言語化する1ヶ月間の伴走プログラム「ハタチノハナシ」|かなつな ななみ|note

(リリースは1期生のもので、2期生は10月半ばに募集を開始予定です)

ハタチノハナシでは、15人の参加者が自分の心と素直に向き合えるように安心して自分のことを話すことができる場づくりと問いの設計を心がけています。運営として、まずは参加者自身の中に答えやそのかけらになるものがあると信じること、可能性がたくさんあることを前提にコミュニケーションを行っています。自分との向き合い方がわからないと、自分のマイナスな部分に目が行きがちですが、本当はその人しか持っていない魅力があって、誇れるものがあります。参加者にとって、週に1度、この場に集まった同年代と自分の内側と繋がる時間は本当に大切です。ベイビーステップを踏み、「今のままの私でも素敵じゃん」と自分を受け入れながら、少しずつ内面の変化を起こしていく1ヶ月間のプログラムとなっています。

私たちがここで大切にしていること

【01】「私はここにいていいんだ」と安心してありのままでいられる場づくり

【02】自分の心に素直でいること。評価や判断を手放し、想いベースで誰かと繋がる「今」を大切に

【03】言語化できないことを言語化する。今感じる「分からない」「なんか言語化できなくてモヤモヤする」自分の気持ちをまずは受け入れる

この3点を大事に活動をおこなっています。

自分と向き合うツールとして、自分のために今の感情と向き合いノートに書き起こす「ジャーナリング」と、心地よい状態でコーヒー片手に自分の心の状態をシェアする「フィーカ」をつかいながら、プログラム卒業後も参加者自身が自分の心との対話を日常生活の中で当たり前に促せるようにしています。

実際に1期生を夏に実施しましたが、参加してくれた15人が自分らしさの種を見つけられたり、今の自分を少しでも好きになってくれたら本当に嬉しいな、と思っています。何より、プログラムを通して感じたのは「自分のことを話すのは、なかなか体力がいる」ということ。だからこそ彼女たちの等身大に寄り添った丁寧な場づくりとコミュニケーション設計をやっていきたいと改めて感じています。

わたしたちの想い

自分に自信が持てない、だけでなくSNSの発展とともに選択肢が増えたZ世代である私たちが、本当に自分が欲しい選択肢を選べるように。そして、場を提供するだけでなく、ワクワクしながら力を最大限発揮できる場を、女子大生自ら生み出せるようになること。これが私たちHATACHIが目指す女子大生の姿であり、最終的なゴールです。

その先にある景色は、彼女たちの価値観や考えに共感する人が周りに集まり、お互いを勇気付けられる人が増えること。そして、自分のありたい姿に素直に向き合えるようになり、自分自身の言葉をもって伝えられるようになること。

日常の生活のなかで自分の中にある得体の知れないモヤモヤと戦い、エネルギーを消費する女子大生が、この場に1週間に一度訪れることで、自分を素直に見つめ直し自分の「こうあるべき」を手放す方法を一緒に模索していきます。

私たちは、少しでも多くの女子大生が「今の私のままでも素敵じゃん」と気づくきっかけを、場づくりとコミュニケーション設計を通じて、生み出していきます。最終的にHATACHIは、外のコミュニティで頑張る女子大生たちがいつでもふらっと帰ってこられる「おかえり」と「ただいま」が言えるほっとする場を目指しています。「なんか疲れちゃったな」と思ったら「休んでもいいんだよ」とどんな状況にいても彼女たちを受け入れられる余白のあるコミュニティでありたいと考えています。

次回は、ハタチノハナシができるまでのお話をしたいと思います!実際に1期に参加した女子大生からの声もご紹介していきます。ここまで読んでくださり、ありがとうございました☺︎皆さんの今日が素敵な日でありますように。

HATACHI Community

「私たちの言葉を持って話そう。私たちのこと。」をキャッチコピーに、女子大生が今日の自分を少しだけ好きになれるコミュニケーションと場づくりをする、女子大生のためのサードプレイス。現在は、HATACHI MAGAZINEと「自分の内側と素直に向き合い、ありたい姿を言語化する」ハタチノハナシの2軸で展開。2020年4月に立ち上げ、現在は関東・東海・関西の多拠点チームとして活動中。

– FaceBook https://www.facebook.com/HATACHICommunity

– note https://note.com/heihei1221/m/mea6ff6ac2076

– Instagram https://www.instagram.com/hata_chi_magazine/

– Radio ハタチノ宿 https://stand.fm/channels/5efb192236e4dd5a2d5ecc26

– 〈 Coming Soon 〉HomePage

1 2
Share.

About Author

かなつな ななみ

2000年生まれ。HATACHI Community代表。 2019年、横浜市の起業家支援を行うコワーキングスペースmass×massにてコミュニティ作りを学んだ後、創業0〜2年のスタートアップ企業にて広報に従事。2020年より新規事業立ち上げを伴走する企業に参画。人と人とを丁寧に繋ぎ、魅力を最大化するコミュニケーションと場づくりを行う。現在は文学部英文学科言語学コースに在籍し、ジェンダーと社会言語学の関係性を学ぶ。

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!