「とにかく仕事を楽しんで!」法人営業の第一線で活躍するキャリアウーマンの仕事の流儀(NEC)

0

配属先は営業職。がむしゃらに働いた結果、自分の居場所を見いだせた

様々な試行錯誤の上でお仕事をされているのですね!その原動力はどこにあるのでしょうか?

 「自分の居場所を作りたい」という思いです。実は、入社当初は営業希望ではなくスタッフ希望でした。入社当初、女性の割合が少なくて、ほとんどの女性は第一希望に配属されていたのですが、なぜか私だけ想定外の営業職でした。でも結果的には楽しく仕事をしているので、営業でよかったなと思います。

入社当初は、先輩が忙しく仕事を手取り足取り教えてもらうことは難しかったです。そこで、自分の居場所は自分で作る必要があると気がつきました。そのためにどうするか考えて、どんどん行動していましたね。例えば、入社1年目の新規開拓営業も、営業先に通い詰めて情報交換をしたり、業界研究をしてお客様との関係構築をしてきました。そして自分が一生懸命仕事に向き合い続けると、上司や技術部門の方も協力してくれるようになり、自分の居場所ができてきて、自分が役に立っていると嬉しく思いました。

営業を希望されていなかったのは驚きでした!営業というお仕事の楽しさや、やりがいは何ですか?

大企業を相手にするので、自分一人で完結することはどうしてもできないんです。だから自分でチームづくりをした上で、お客様側のチームと一緒に一つのことに取り組みます。営業は旗振り役なので、ゼロから始めた案件が実を結んでリリースするというのは非常に喜びを感じます。また、うまくいったあとに、お客様から「NEC に頼んでよかった」「橋本さんに頼んでよかった」と言っていただいたときには、この仕事をやっていてよかったなと思います。

そういったやりがいは営業ならではですね。その一方で法人営業、特に大企業相手の営業で大変なことや、必要なスキルなどはありますか?

大手企業のお客様だと他社からも多くの情報収集をされている ので、私たちはそれ以上の情報量を持つ必要があります。でも情報にキャッチアップするのは一人だと難しいので、それぞれの専門分野の人の協力を得ながらチームづくりをしてお客様に当たっていきます。大切だと思っている力は、想像力です。

当然、業界や自分たちの業務のことはお客様がよく分かっているので、私たちは鳥の目で世の中の動きを見ています。お客様の業界動向から課題を見つけ、私たちの技術で業務改善していただけるように考えて、行動しています。想像力を持って仮説を立てる思考ができる人は、この仕事に向いていると思います。

入社後から大切にしている想い「仕事を面白くできるかは自分次第」

お話を伺っていて、橋本さんご自身がお仕事を楽しんでいらっしゃることが伝わってきました。そのモチベーションはどこから来るのでしょうか。

どんな企業で仕事をしていても、自分の居場所を早く作って、仕事をおもしろいと思えるように努力することはすごく重要だと思っています。私は、自分の居場所をつくる努力をしたことや、周りの人たちに助けられたこともあって、若いうちから仕事に没頭できるようになりました。仕事は与えてもらえるものではありません。居場所を作って仕事をおもしろくするのも自分自身、そういうスタンスで仕事に取り組むことで、日々モチベーション高く過ごせていると思います。

橋本さんはマネージャーでいらっしゃいますが、チームを率いる時に大事にされている想いや心がけているとことなどあれば教えて下さい。

私は仕事がおもしろいと思いながら続けてきたので、仕事がつまらないと思う人の気持ちを理解することが難しかったです。ですが仕事を楽しめていない状態では能力を十分に発揮できないと思うので、マネージャーとしてチームメンバーが仕事を楽しいと思えるような環境作りをしなければいけないと考えています。そのために、まずは目指す方向性を間違わないようにチームメンバーに共有して、それぞれの役割を決めて仕事を進めていけるよう行動しています。

ありがとうございます!最後に社会人の先輩として、これから就職を控える学生に向けてメッセージをお願いします。

社会人になると、1日の1/3の時間は仕事の時間となります。それであれば、仕事はおもしろくやった方がいいと思うんです。仕事の時間をぼんやり過ごして、自分が役に立っていないのではないかと考えるのは辛いですよね。だから自分が役に立てて、なおかつ楽しめる仕事の仕方を探して実行していけばいいと思います。

私は、最初の配属で自分の居場所がないと感じ、なんとか居場所を作ろうと動いていたら、自然と応援してくれる人が増えていき、そういった人たちに助けてもらいながら営業職を続けていくことができました。仕事も人生もおもしろくできるのは自分次第だと思うので、ぜひ「人生をおもしろくする」という気持ちをもって過ごしてもらえたら嬉しいです。

取材を終えて

インタビュー中は時折笑顔も見せながら、営業の楽しさや仕事観について橋本さんのお言葉で答えていただきました。「自分の居場所を見つけることが大事」ということで、どんな会社・仕事でも自分次第で楽しくできるのだと感じ、就職後の不安が軽くなった気がします。今回はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました!

写真提供:橋本さん

NEC

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

1 2
Share.

About Author

都内大学の経済学部在学中。趣味は一人で行くスイーツバイキング。座右の銘は「一切皆苦」です。 学生の内にたくさんの方と出会い、影響を受けながら知見を広げたい!という思いで学生記者を始めました。

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!

 \LINE友だち登録でイベントやプロジェクト募集のお知らせがいち早く届きます!/