【就活レポ】「本音ベース」で!理想の未来を掴むために外資系へ就職(メーカー)

0

就活レポでは、就活を終えた先輩たちに「なぜその仕事や会社を選んだのか(会社選びの軸)」「学生時代にどんなことをがんばってきたのか」「就活でどんなことに苦労したのか」「女子就活の取り組みかた」などをインタビュー。単なる就活テクニックではなく、仕事選びのヒントをお伝えします。就活のスケジュールも掲載!

Yuiさんの就活スケジュール(2020年3月卒業)

2018年5月 夏休みに開催される外資系企業のインターンの情報を集め始める。
8月 1〜2日のインターンにいろいろ参加してみる。インターンがきっかけで、入りたい業界や企業が絞れてくる。
10月 エントリーシートを提出し始める。
2019年2月 第1志望の消費財メーカーから内定をもらう。
4月末 面接を受けた4社中3社から内定をもらい、就活を終了する。

将来の自分の理想を叶えるための就活

企業を選ぶ際に何を軸にしていましたか?

就活を始めるにあたって、今後どのように働き、暮らしていきたいかを考えました。例えば、10年後にはどの辺に住んでいるのか、夫や子供はいるのか、仕事はしているのか…というように想像していきました。

そこから、こういう風に暮らしたいなら年収がこれくらい必要で、旦那さんがいて、私も働くし、旦那さんにはできれば働いて欲しいから共働きがいいな、と逆算していきました。すると、結婚しても働き続けられる環境が私にとって必要になってきます。そこから企業選びの軸を考えました。

最終的には「お給料が良いこと」「女性が出産や子育てを経験しながらも、長く働き続けられること」を軸にしていました。また、どちらかというと1つのことに特化したスペシャリストになりたかったので、職種別採用をしている企業を選ぶようにしました。

そもそも、どうして外資系企業に就職したいと思っていたのですか?

最初は、外資系のフランクな社風のイメージからです。外資系企業を知っていくうちに、私の企業選びの軸とぴったり重なることに気がつきました。お給料が良さげなところや、女性が働き続けられる制度や文化が整っているところ、就職の時点で職種を絞って採用しているところが気に入りました。

業界は、始めからメーカーに絞っていたのですか?

最初のうちは、業界をあまり絞っていませんでした。そのため夏休みのインターンでは、消費財メーカーを中心にしつつ、ベンチャー、IT、コンサルティングなど、いろんな企業を見に行きました。「とりあえず動いてみて、気に入る企業があったらいいな」くらいの軽い気持ちでした。

インターンに行くことで、「この企業に入りたいな」という思いがはっきりしてきたので、その企業に焦点を当てて就活のスケジュールを組んでいきました。それが内定をもらった就職先です。

どのように第1志望の企業を決めたのですか?

インターンに行ってみて、企業の雰囲気が私に合うなと思い、決めました。フィーリングで決めたところはあると思います。

ありのままの私の人生を応援してくれる外資系

外資系企業は英語が達者でないと入れないのでしょうか?

それは企業によりますね。第1志望の企業では、社内の公用語が英語なので英語を使いますが、私が応募した他の外資系企業ではそんなに使わないみたいです。また、企業によっては、「英語力は入社後の研修などで鍛えられますから、入社時はそんなになくてもいいですよ」とどしっと構えているところもあります。

英語力はそこまで求められないのですね。では、外資系企業への就活において、重視されるものは何だと思いますか?

外資系では、企業の社風やカルチャーに合っているかどうかがよく見られていると思います。私は消費財メーカー、日常品メーカーを中心に見ていました。消費財×外資系だと、4つの大きい企業があります。そのうちの2つはインターンに行ってみて、企業の社風が私と合わないと思ったので、最初からエントリーしませんでした。合わない企業を受けても、体力と時間のロスになると思ったからです。

実際に何社エントリーして、面接を受けて、内定を貰ったのですか?

エントリーシートは4枚書きました。4社に応募し、全て面接を受け、3社から内定をいただきました。文系にしては応募数が少ない方だと思います。

応募した企業のほとんどから内定をもらったのですね!面接ではどのようなことを意識していましたか?

あまり悩まず、正直に話すように心がけていましたね。就活のゴールは内定をもらうことではなく、働き始めて満足できるかどうかだと考えていました。入り口の段階で自分を偽って後で苦しむよりも、今のありのままの私を評価・採用してもらう方が、自分の強みを生かせると思いました。

また、第1志望の企業は働くことに一辺倒ではなくて、家族を大事にする、趣味に生きるといったプライベートな部分もすごく重視しています。なので、面接で「将来どんな風に暮らしたい?」といった話をしてもらった時に、私の将来の理想像を正直に話しました。

あまり気負わず、就活を楽しむくらいの心持ちで

就活をしている際に何か悩みはありましたか?

自分の気持ちに素直に就活を進め、合わないところは受けることをやめたので、悩みらしき悩みはあまりなかったです。強いて言うなら就活と勉強の両立ですかね。

どうしてあまり悩みがなかったのだと思いますか?

就活にあてる時間を上手に割けたのだと思います。私が就活全体で10の時間を使ったとしたら、6の時間で「将来こうしたい」「人生や就活の軸はなんだろう」というように、自分を振り返りました。2の時間で「面接でこう聞かれたらこう返そう」といった面接対策を考えて、残り2の時間で実際に行動していました。

社会人に話を聞きに行ったり、小さい就活のイベントに参加したりといった感じです。「こういう生活がしたい」とか、「私の強みは何だろう」と考えるところに時間をたくさん割いていたので、実際に自分をPRするときや、就活の軸を言語化するときに、ブレることなく自信を持って話すことができました。

就活生へメッセージをお願いします。

私の経験で言うと、「本音ベースで就活をした方がいいよ」ですかね。また、私は就活が楽しかったので、できたら楽しんでやって欲しいと思います。楽しみながら就活をするコツは、内定を取ることを就活の目的にせず、その後どうやって働いて暮らしていくかを考えることです。

私は、10年後の自分、理想の自分像から入って就活をしたので、頭の中はずっとキラキラしたままで面接に行っていました。だから楽しかったのだと思います。なので、できたら就活生の皆さんにも、楽しんで就活をして欲しいなと思っています。

取材を終えて

将来どんな風に暮らしたいか、からどんな会社に勤めたいかを考え始めたYuiさん。自分に自信を持ち、決めたことを曲げない姿が印象的でかっこいいなと感じました。Yuiさんが描く理想の暮らしが実現できるよう、ささやかながら応援しています。取材を受けてくださり、ありがとうございました!

Share.

About Author

斉藤七海

東京のはしっこで社会学を勉強している大学2年生です。好きなものはアイドル、マニアックな音楽などのサブカルチャーとラーメン。長所は一度決めたことを絶対曲げないところ、短所は融通が効かないところです。記者という仕事への興味と、学生のうちにいろんな人と出会ってたくさん刺激を受けたいという思いから、学生記者を始めました。読んでくれた方の心を動かす記事が書けるよう、日々精進していきます!

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!