一般職は消滅する!?

0

女子大生に根強い人気がある、一般職。「細く長く働くなら、総合職より一般職がオススメ」とも言われますが、本当にそう?

一般職は定型的・補助的な仕事をする職種で、転勤があったとしてもエリア限定。総合職は事業の中心となる仕事を担う職種で、全国へ転勤する可能性あり。「エリア型総合職」と呼ばれる中間的な職種は、一般職と同じ扱いの企業もあれば、転勤がエリア限定というだけで仕事内容は「全国型総合職」とほぼ同じという企業も。

とはいえ、最近では、コース別採用をする企業は確実に減っています。理由は、政府から「2020年に女性の管理職比率を30%にあげろ」というお達しが出ているから。

出産を機に6割が仕事を辞めてしまう日本では、管理職候補の女性を見つけることすら難しいんです。だから、まずは新卒採用から女性比率を上げて、将来の管理職候補となる人材を育成しようとしているんですね。だから、ここ数年は女性にとっては「売り手市場」になるんじゃないかな。ただし、その恩恵が受けられるのは総合職だけね。

一般職で採用されたからといって、ずっと定型的・補助的な仕事ができるとは限りません。突然「全員、総合職に転換!」と言われて、責任の重い仕事を任されるかも。だから、一般職だから「細く長く働けるわ〜」と思わないこと。働くって、いずれにせよ楽なものじゃありません。でも、人って成長したい生き物だから、困難に挑戦してそれを達成できたとき、喜びを感じるはず。

一般職と総合職のどっちがいいか悩むのは、もう終わり。その基準はさておき、もしも一生結婚しないとしたら、どんな仕事をしたいか、そっちの視点で考えた方がよっぽどいいと思います。仕事が楽しいと思えたら、辞めようなんて思わない。いや、正確に言えば、辞めようと思っても思いとどまる。同じ会社で働き続けるとは限らないけれど、やっぱり仕事を続けたいって思うはず。

企業も女性に働き続けてもらうために、試行錯誤しながら長時間労働を削減したり、育児休暇をとりやすくしたり、在宅勤務しやすくしたり、いろんな工夫をしています。今はまだ、満足できないレベルかもしれないけれど、その制度を作っていくのはあなたたち世代です。

一般職は、きっと近いうちに消滅する。そのときに備えて実力をつけておくのが、賢い選択ですよ、みなさん。

Share.

About Author

角 めぐみ

NPO法人ハナラボの代表理事です。2008年にハナジョブを立ち上げ、学生記者とともに取材活動をはじめました。2011年に「女子大生が社会課題の解決に挑む」プロジェクトをスタート。取材や地域でのプロジェクトを通してたくさんの素敵な女性たちと出会いました。これからどんなひとたちと出会うかな!?全国のみなさん、待っていてくださいね〜

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!