働く環境を重視した会社選び!そんなNanakoさんの就職活動とは?

0

Nanakoさんの就活手帳(メーカー:外資系化粧品会社)

一番頑張った時期を教えてください

3月から4月にかけてです。3月は外資系企業の選考と日系企業のエントリー、4月は面接が1日に3~4社ほどありました。基本的には毎日動いていました。

手帳の記入で工夫した点を教えてください

マンスリーとデイリーの両方ついている手帳を使っていました。マンスリーの方には社名と時間、デイリーには詳細を書き込んでいました。

また、今何社受けて何社残っているのかを意識するために手帳に受けている会社を書き出していました。

働く環境を重視した会社選び!そんなNanakoさんの就職活動とは?

いつから就職活動を始めましたか?

大学3年の6月の初めからでした。インターンシップフェアに行ったのがきっかけでした。

最初に志望していた業界・職種はどこですか?

コンサル、金融、メーカーを志望していました。また、企業では外資系企業のほか、女性を活用して成長してきた会社などを志望していました。

会社選びの軸は何でしたか?

男性・女性関係なく仕事がしたかったので、ダイバーシティの面での環境が整っていること、また若手でも仕事がバリバリ働くことができることの2点でした。

どうしてこの会社に決めたのですか?

コンサルを志望していたのですが、提案をするよりも現場で実行する方が自分に合っていると思ったんです。また、ダイバーシティへの取り組みが魅力的だった点、若手でも仕事を任せてもらえる点が自分に合っているなと感じたので、この会社に決めました。

就職活動で苦労した点はどこですか?

やりたいことがなかったことです。「将来は何をしたいのか」などと聞かれましたが、将来は将来になってみないとわからないと思うタイプなんです。面接では、何も考えていなくてやりたいことがないのではなくて、今を頑張りたいという考えを伝えて面接官にわかってもらうようにしていました。

就職活動での失敗を教えてください

駅を間違えたり、エントリーシートを出す日を忘れていたりとうっかりミスは多かったですね。(笑)

逆に就職活動で工夫した点を教えてください

面接では、飾らず自分の言葉で話すようにしていました。就活サイトなどの言葉をよく考えずに使っていたりすると深く聞かれたときに答えられないので、自分が感じたままに話をするようにしていました。

就職活動での自己PRを教えてください

頭と体を両方使って仕事をしますということをアピールしました。学生団体で教育政策に関する本を出版した経験から、頭の面で大量のデータを効率的にさばくことができること、また体の面では現場で体力勝負の営業もしますということを売りにしていました。

ではNanakoさんの将来の夢を教えてください

一人前のプロダクトマネージャーやブランドマネージャーになりたいです。

就活生に対してメッセージをお願いします

「絶対ココが良い!」と決めつけないで、いろいろな会社を受けてみてください。自分がしたいことと、自分の適性は合わないことがあり、自分の適性に合う会社は受けてみないとわからないと思います。興味のない会社を受けてみることで、やりたいことが見つかったりやりたいことが明確になったりします。

Share.

About Author

ハナジョブ学生記者

2008年〜2016年までの学生記者たち

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!