【開催レポート】働くってどういうこと!?「会社と仕事と私を知る」お仕事体験ワークショップ

0

みなさん、「企業で働く」という言葉を聞いてどんなことをイメージしますか?

アルバイトなどの経験を通じて、「働く」ということはわかっているけれど、 実際に「社会に出て」働く、というイメージってなかなか持ちにくいですよね。

インターンに応募しようと思っても、インターン先ってどうやって選ぶのか、そもそも会社ってどんなところなのか、仕事とはなんなのか・・・わからないことが多すぎて、不安になってしまうかもしれません。

そんな大学生にぴったりの、お仕事体験ワークショップが7月8日(日)に開催されました!

「想い」をカタチに!ヒントは身近な”こんなモノがあったらいいな”

このワークショップでは、社会人女性と女子大生がチームとなり、会社を設立し新たなサービスを生み出すプロセスの一部を体験しました。

まずは「会社設立」。何をする会社なのか、事業を通じて社会にどのような価値を提供するのかを話し合いながら決めていきました。特に企業理念は、この企業は何のために存在するのか、企業をとりまく環境が変り行く中でも見失うことのない価値観を提示するものなのでとてもとても重要です。

会社が設立されたらさっそく各チーム具体的なサービスの検討に入ります!

日頃自分たちが困っていること、こんなサービスがあったらいいな!という視点から、サービスを考えていきます。もちろんすでに世の中にあるサービスでは意味がありません。そこはしっかりと情報収集も行います。

サービスが決まったら「新製品発表記者会見」!それぞれの会社が企業理念に基づき、社会の課題を解決するための商品やサービスについて熱くプレゼンしました!

新しいメンバーの経験を活かして企画をブラッシュアップ!

プレゼン後は、ステキなアイディアだったサービス・商品にそれぞれが投票します。「顧客に支持されているかどうか」の確認ですね。

残念ながら最下位になってしまった会社は倒産し、メンバーは残った他の会社に「転職」します。 新しいメンバーを迎えたそれぞれの会社は、新メンバーの経験を活かし、さらに新しいサービス・商品の開発を行いました!

最後は2社で最終プレゼン。「企業理念に立ち返り、社会をよりよくするサービスを開発しているか」という観点から、講師の方が優勝チームを決めました。

「自分にはこんなチカラがあったんだ!」の発見の場に

1日の最後には、今回のワークショップでの気づきを共有しあいました。

■組織がどのように動いていくのかを、全体の内容を通じて学べました。

■インターン先や就職先を探すときに「企業理念」をよく見て考えたいと思いました。

■企業の役割は、「問題や課題をどうやって解決するのか」を考えることなんだ、と感じました。

■自分で考えるだけでなく、いろいろな人のアイディアとコラボレーションすると、さらによいものが生まれることがわかりました!

■恐れずに自分の意見を言ってみることが大切だと感じました。

■自分はアイディアを出すということが得意なんだ、ということに気付けました!

 

「働く」ということに関しても、自分のチカラについても、いろいろな発見があったようですね!

10:00~18:00という長い時間があっという間に過ぎた1日でした。参加者の皆様、お疲れ様でした♪

まだまだ間に合う!ハナラボのイベント紹介

ハナラボではこのようなワークショップだけでなく、他にもいろいろなイベントやプロジェクトを運営しています。

今後もこのハナジョブでお知らせしていきますので、興味があるものにはぜひ参加してくださいね!

学生記者スクール#基礎編

ハナジョブに掲載されている記事のほとんどは、学生記者の皆さんの記事です!

取材を通じていろいろな考え方に触れたり、気になる企業の女性に取材をするチャンスもあります。

気になる方は、まずは学生記者スクールに参加してみてくださいね♪

お申し込みはコチラまで! ⇒ 学生記者スクールお申し込みフォーム

 

Share.

About Author

ハナジョブ編集部

ハナジョブ編集部スタッフです。

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!