空を飛んでみたい!一度きりの人生をかけて挑んだパイロットの道。(日本航空)

0

決めたらあとは突き進むだけ!

田村さんは具体的にパイロットにはどのようになったんですか。

パイロットになるには大きく3つの方法があります。1つ目は大学卒で航空会社に入社し、自社のパイロット養成訓練で、ライセンスを取得する方法です。2つ目は、独立行政法人航空大学校に入学して、幾つかのライセンスを取得後に航空会社に入社する方法です。最後に私が選んだ方法なのですが、民間のパイロット養成学校に入学して、ライセンスを取得する方法です。

民間航空のパイロットになるためのライセンスは何種類かありまして、私はパイロットになろうと決めて、アメリカの養成学校に行き、小型機のライセンスを取得しました。その後帰国して日本の養成学校に行き、JALエクスプレス(※現在は日本航空と統合)という航空会社に内定をいただき、入社しました。今は日本にもパイロット養成コースがある大学がありますね。

パイロットの免許を取る過程で、辛くてパイロット目指すのを辞めたいと思ったことはありましたか。

辛くはなかったですね。パイロットを目指すことは決まっていたし、そこに向かっていたので楽しかったですよ。

確かに免許をとって就職できなかったらどうしようという怖さは常に根底にありました。しかしそればかり考えていたら怖くて何もできないので、「今、目の前にあることを一生懸命やる」という気持ちでした。

思いを貫いたコツとかはありますか。

私の場合は、仕事を辞めたり、結婚を辞めたり、他の全部を捨ててきたわけで、これにかけなければならない、何がなんでも成功させるという気持ちだけでしたね。

訓練はたしかに厳しいです。それでも、周りにいる人たちも同じようにパイロットになりたいという一心で訓練を受けている人たちでしたので、みんなが同じ目標でやるぞという感じで、仲間としてお互い協力し合っていましたね。今振り返れば、貴重な時間でしたし、楽しかったなぁと思います。遅れてきた青春だったのかなぁって(笑)。

仲間という関係性って素敵ですね。

他の職業だと、出世競争で同期が敵にもなりかねないと思うんです。でも、パイロットは絶対に敵じゃないです。仲間であって、みんなで安全を守って一緒に成長していこうという関係性がいいところだなと思います。

日本航空 JAL

1 2 3
Share.

About Author

麦田 菜々子

小学校5年生から始めた、チアリーディングを部活でしています。筋肉をつけたくなくても日々たくましくなってしまう体育会系女子。飛行機が大好きで、身の回りのものは、ほぼ機内販売か飛行機が描かれています。好きが高じて、パイロットになりたいと思った時期もありましたが、今は将来を模索中。思い立ったらすぐ行動してみて、とことん悩む。そんな私だからこそ書ける、何か新しい発見を与えられる記事を女子の皆さんに提供したいです。

Comments are closed.


友だち追加数 お得なお知らせ届きます!