もっと!ひみつのハナラボ 社会人との本音トーク#03 レポート

0

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

6月19日(月)夜、今回で3度目を迎える「もっと!ひみつのハナラボ」を開催しました!

「もっと!ひみつのハナラボ」は、学生たちが社会人と気さくに話ができるということで、多くの学生から好評をいただいております!というのも、学生にとっては、普段何気な~く悩んでいることを人生の先輩に聞いてもらえる、ありそうでない…まさに「秘密の女子会」のような時間を過ごせるからです。

私たちの心強い相談相手となってくれる社会人の方は、皆、ハナラボのメンターたち。さまざまな背景を持つ女性たちと話す中で、「あっ!」という気付きがあることもしばしば。

今回は都内にあるオフィスの一室をお借りし、学生とメンター合わせて、20人ほどが参加しました。6月開催ということで、参加した学生の多くが、「就職」に関する悩みを抱える3、4年生。そんな緊張した学生たちも、会議室に入った途端ただよってくる、お菓子の甘い匂いでも思わず笑顔が…。

それでは今回の「もっと!ひみつのハナラボ」は、どんな様子だったのでしょうか?

福利厚生ってなに??

まず、先輩社会人であるメンターたちによるインスピレーショントークから始まりました。

テーマは「福利厚生」。福利厚生とは何か、実際はどんな種類のものが役に立つのか、などなど。メンターが実際に経験したことをもとに詳しく語ってくれました。

…確かに、学生としては福利厚生がどのくらい重要なのかも分からなかったですし、なんだか遠い世界のようで、初めはポカンとした表情の人が多かったですが、実際に就職したときのことを具体的にイメージできるため、良い勉強の機会となりました!

意外と盛り上がったのが、財形貯蓄について。メンターの多くが絶賛するなか、もっと年利の高いところで運用すればよかった…という後悔を語ってくれるメンターまでもいて、女性が自立するためにはお財布の管理はやはり永遠のテーマだなぁと実感しました。

学生の価値観vs社会人の価値観

後半のグループトークでは、5〜6人の少人数のグループにわかれ、学生が気になるテーマについて社会人が本音トークをしてくれました!

テーブルごとにカラーの違いが出ていましたが、私のテーブルでは主に就活の話がメインでした。具体的なアドバイスはもちろん、そんな会話の「裏側」では、学生の価値観と、社会人の価値観がぶつかったり、交わったり。

印象的だったのは、学生は、同じグループ内で誰が1位、2位、、、そして「中の下」、「下の上」といった暗黙の格付けを自分たちでつけてしまいがちで、「あの人だからあそこに就職するのよ~」といったよもやま話も尽きない…。ところが、どうやら社会人になると、一直線に並んでいたはずの仲間たちは、放射状に散り、それぞれがそれぞれの分野で活躍するようになるため、学生時代の不思議な格付けは全く関係ないのだとか。

困ったら人に頼るのはもちろん、カンニングだって共同作業だって許される。どこに就職をしても、社会人としての基盤(愛嬌も含め…笑)さえ強固にしておけば、どこにでも応用可能で、逆転可能なんだよ、と語ってくれました。

私を含め、学生一同は、メンターの話に笑ったり、大きく頷いたり…。悩みがまるで解決したかのように認識が変わったり…。

また、話題はライフステージとの向き合い方にも及びました。自分の才能を磨きたいと燃えるとき、そして自分の限界に絶望するとき、リーダーを任される苦労するとき、突如やってくる体力の落ち目、親との向き合い方、結婚や出産のタイムリミット、お金の使い方などなど。

普段お話しできないようなキャリアウーマンたちが学生側まで下りてきて、ホンネを語ってくれるのは本当に嬉しかったです。

もちろん、学生同士でも、励ましあったり、情報交換したりと話が弾み、初対面だからこそ親身に語り合うことができました。

まだまだ続く!もっと!ひみつのハナラボ

希望していた就職先に決まったものの周りの声が気になってしまうという学生、どんな業界が自分に向いているのか分からないと悩む学生、大切に育ててくれた母親のためにもゆくゆくは転職をしたいと語る学生…。

さまざまな学生が思い思いに話をするため、話題も飛んだり戻ったり。悩みの深さもひとそれぞれ、言葉にならない思いだってある。メンターたちは、そんな私たちの話を、頷きながら寄り添い、新しい選択肢をたくさんに見せてくれます。

今後も、ハナラボメンターDAY「もっと!ひみつのハナラボ」は開催されます。頼れる社会人女性たちと出会ったり、他大学の先輩としゃべったり、日々変わりゆく自分の内面と向き合う機会になるのではないでしょうか。

メンターたちはいつでも、一歩踏み出そうとするあなたの背中を押してくれますよ!

次回の「もっと!ひみつのハナラボ」は7月30日(日)、テーマは「「社会人の実態に迫れ!1日&1カ月スケジュール拝見します」です。ぜひ参加してくださいね!

お申し込みはこちらから。

http://hanajob.jp/2017/05/16/mentorday201704-07/

 

Share.

About Author

大西芙蓉子

小説から詩から和歌に至るまで、たっくさんの人間の言葉に励まされ、笑って泣いて生きてきた21歳です!人生の2大師匠は『枕草子』でお馴染みの清少納言と、『若草物語』の次女Josephine(笑)。学生記者になろうと思ったのは、人が好き&文章力を磨きたかったから。…ここまで書くと文系女子のようですが、私の専門は開発経済学と計量経済学です。合理的・論理的に「なぜ」を問い詰めるだけでなく、人間として、女性として大切なものを探したくて、ハナラボに関わるようになりました。好奇心旺盛な二刀流剣士の修業は続く~。

Comments are closed.