企画書を書くのは趣味の延長!?サービスで人と人とをつなげたい(ソウゾウ/メルカリ)

0

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

人と人とが直接会ってものを売買したり、仲間を募集するためのサービス「メルカリ アッテ」。この新サービスを生みだした企業が、株式会社メルカリのグループ会社として誕生したソウゾウです。今回は、この新企業でプロデューサーを務める田辺めぐみさんにお話を伺いました。自分の人生を変えた女性社長との出会いから、数々の転職で得た経験のお話、そしてサービスに対するぶれない思い……理系女子に限らず、これからの自分に迷っているみなさん、ぜひ読んでください。(2016年4月の情報です)

世界がぐっと広がった、とある女性社長との出会い

サービスを作りたいと考えたきっかけは何ですか?

大学時代、とある授業の中でなんとDeNAの元社長・南場さんが、講師として来てくれたんですよね。その時期はちょうどヤフオクが流行り始めたころで、DeNAはビッターズというサービスを運営している頃でした。

そこで、南場社長が「ビッターズのほうがこんなにいいサービスなのよ!」と言っている姿がとてもかっこよくて。この講演をきっかけに、無機質なものだと思っていた「Webサービス」は「実は人が作っているもの」で、自分たちでも作れるものなんだと思ったんです。

それまでテニスに明け暮れていたんですが、自分でもサービスをつくりたいと、講演があった日の夜にすぐ学生ベンチャーを検索して一番面白そうなところに入りました。

souzoh-IMG_7104

学生ベンチャーではどのような業務をしていたのですか?

ECサイトによくある「買い物かご」のシステムを企業に売る営業をやっていました。

「買い物かご」は今でこそ当たり前の存在ですが、当時はEC自体そこまで浸透していなかったんです。システム系のサービスはそれなりの値段なので、受注するには信頼性が重要だと思い、学生と思われないようにストライプスーツを着て営業していましたね。

学生ベンチャーでの経験がきっかけでファーストキャリアを大手企業に選んだと伺ったのですが

はい。学生ベンチャーでは、0から1を作ることって本当に大変で、非効率な部分もあったので、一度大手企業でビジネスの仕組みを学びたいと思ったんです。

新卒で入社したNTTデータは、新卒研修が半年くらいある会社で、歩き方から名刺の渡し方、メークの仕方まで教えてもらいました。議事録の書き方など、基本的なスキルはもちろん、ノウハウのある先輩から教えてもらえることも効率的だと思いました。

その次のステップとしてDeNAへの転職をされたのですね!

はじめは教育も福利厚生も整っていて、同期も500人くらいいる中で仲良しの友達もできて、「こんなに良い会社はないな」と思っていました。

でも6年間NTTデータに勤めていた中で、「もう一度新しいことにチャレンジしたいな」って思うようになったんです。それで、DeNAに転職を決めました。

souzoh-IMG_7113

自分のしたいことは何?軸を求めた転職期

なんと、大学の授業で運命的な出会いをした南場さんが立ち上げたDeNAに転職したんですね!

DeNAにはソーシャルゲームの全盛期に入社して、ゲーム制作のプロデューサーを務めていました。入社前にDeNAのゲームをやっていて、ゲーム内で出会う人の優しさに感動したんですよね。

中学生の頃、自分でWebサイトを作って読書家が集まる掲示板を作っていたんですが、「こんな本を読んだほうがいいよ」って知らない人が教えてくれて世界が広がりました。

それと同じで、ゲームでもネットで繋がった先の人が武器をくれたり、ノウハウを教えてくれたり、ゲームというよりコミュニケーションツールとしての可能性を感じていました。それで、DeNAに転職しようと思いました。

DeNAには2年ほどいらっしゃったんですよね?

DeNAへ転職して2年経ち、知育分野のアプリに関わりたいと思って転職しました。その当時、DeNAはアプリへのシフト前だったので、「時代の波に乗り遅れたくない!」という思いと、今なら伸びつつある知育分野でファーストプレーヤーになれるかもしれないという思いがありました。

転職後は、スマートエデュケーションで『おかあさんといっしょ・みいつけた!』のアプリを作りました。グーグルのベストアプリに選んでもらったり、今までの知育アプリ1位の売上をぬりかえる結果も出しましたが、1年で辞めたんです。

souzoh-IMG_7133

1年は短いですね!どんな理由で辞めたのでしょうか?

知育アプリで1位という目標を達成し、次の目標を考えた時に「自分はこれからも知育アプリを作りたいのかなあ」と疑問に感じ始めました。

また、元々中規模のチームで働くのが好きだったのですが、スタートアップ企業だったので小さいチームだったということですね。悩みましたが、「悩んでいる時間がもったいないから、とりあえず辞めちゃおう!」と思って辞めたんです (笑)。

そのあとはどうされたんですか?

フリーランスで仕事をしながら、1年間自分を見つめ直す時間を作りました。

実はスマートエデュケーションを退職した段階で、メルカリからは内定をいただいていたんです。でもそのときは自分が何をしたいのかを1年間考えたいと思い、「こんな中途半端な気持ちでは、メルカリみたいな優秀な人ばかりの中でやっていく自信がありません。今はタイミングが違います」と断ったんです。

1年間考えた結果、「やっぱりメルカリしかない!」と思って、「すみません、今さらですが…」と話をして入れてもらいました(笑)。

そんなこともあるんですね!メルカリに入社したいと思ったのはどうしてですか?

「サービスに共感できる」「自分がメインターゲット」「優秀なメンバーがいる」という、私が働きたいと思う会社の基準に当てはまっていたからですね。

メルカリは「アプリでフリマ」というコンセプトで、誰でも思いつくけど誰も成功できていなかったものを創り出しました。ニーズも概念も昔からあるものだけど、それをどう形にするかがプロデューサーの腕の見せ所だと思ったんです。

そして、メルカリの社長のもとで働きたいという思いもありました。

メルカリに入社してみて、いかがでしたか?

メルカリはすごくバランスがいい会社です!

ベンチャーですが、教育制度や福利厚生の仕組みも整っています。ノウハウはしっかりありながら、ベンチャーマインドを持っているチャレンジ精神がある人が多く、風通しもいいんです。

社長のこだわりや視点もとても勉強になります。ユーザーと運営側の両方の目線で、今何に注力すべきかをバランスよく判断していくんです。

例えば、タイムラインでの商品の表示のさせ方や、投稿の操作性など細かな仕様変更の判断やタイミングです。メルカリのシェア拡大につながったと思います。

後は、プロデューサーはチームメンバーがいないとサービスが作れないので、メンバーが優秀なのはやりやすいですね。

souzoh-IMG_7164

メンバーと一緒に作り上げる環境での仕事が楽しい!

お仕事の中で、楽しさややりがいを感じるときはどんなときですか?

「ユーザーからの反応が良かったとき」と、「チーム内で盛り上がって作っているとき」です。みんなのアクションや雰囲気が、私のモチベーションだなと思います。

反対に、大変なときはいつですか?

大変なことはあるかな?

勤務時間が長くなったりすることはありますが、企画書を書くのは私にとって「仕事」というより「映画見ること」と同じくらい楽しいというか(笑)。生活の中でも、あまり仕事とプライベートをかっちり切り分けていないですね。

ソーシャルゲームを作っていたときもチームのみんなで雑貨屋さんに行ったり、動物園に行ったりしてわいわいしながらアイデアを考えることが多かったんです。今もチームのメンバーで新しいアプリをわいわい言いながら使ったりします。

プロデューサーは「職業」というより、すべてサービスにひも付けて考えてしまうなど、「性格」みたいなものなのかなと思います。体力的に大変なことはありますが、基本的に楽しいことしかないんですよ。

お仕事をする上で大切にしていることはありますか?

自分の考えた企画やアイディアで「世の中の人が幸せになれる」ことが大切だと思っています。特にネットを使ったサービスはたくさんの人にリーチできるのでやりがいを感じますね。

学生のころ、社会人になったときの自分をどんなふうに想像していましたか?

今みたいな働き方をしているとは思っていなかったですね。当時は学生ベンチャーで働いていたので、「将来、自分で会社を作ってやろうかな!」くらいに思っていたかもしれないです(笑)。

でもいろいろ経験していくうちに、起業するよりも今の働き方がいいなと思うようになりました。1~2年前でも、今のように働いているっていう想像はできていなかったですね。

souzoh-IMG_7172

メンバーを巻き込んで完成度120%のプロダクトを生む、私のプロマネ術

マネジメントをしていく上で気を付けていることや、これがリーダーシップだと思うことはありますか?

私はリーダーシップは2パターンあると思っています。1つは「私についてこい!」のパターンで、もう1つは「みんな助けて!」みたいな感じのもの。私は後者ですね(笑)。

以前は、自分1人で方針を考えて、それをみんなに達成してもらうというスタンスだったんですけど、自分が一番できるわけでもないし、みんなで考えたほうがいいものできるって気づいたんです。

特に、メルカリはプロフェッショナルな人が多いので、私が1から10まで作るよりもチームのみんなが自由に動ける環境を作って、レバレッジを利かせてもらえるフィールド作りをしたいなと思っています。

そう考えたきっかけはありますか?

DeNA時代にリーダーをやっていて、どうしたら売り上げが上がるのか悩んでいたときがあったんですね。

それで上司に相談したら、「一番信頼できるメンバーに相談するのがいい」と言われて。そこでみんなに助けを求めたら、みんなも助けを求めてくれるようになったんです。

結果的に、チームとしての結束力もついたし、売り上げも大きく上がったんです。この経験で気づかされましたね。

souzoh-IMG_7108

チームでプロダクトを作るうえで大事にしていることはありますか?

チームで「サービスの軸(コンセプト)」を共通認識として持つようにしています。メンバーが同じ方向に向かい、高いパフォーマンスを出すために重要な要素だと思っています。

例えば、エンジニアさんに「こうしてほしい」と頼んだときに、共通認識ができていると120%の完成度のものが出来上がってくるんですよね。そのため、企画の中で大事にしている「軸」を常に伝えることを意識しています。

今後の目標をお聞かせください!

株式会社ソウゾウ「メルカリ アッテ」という新規事業を任せてもらっているので、まずそれをメルカリくらい大きくしたいです。

また、プロデューサーとして成功の確度を上げながら、より良いサービスを作っていける、良いスパイラルを回していきたいと思います。

最後に、学生へのメッセージをお願いします!

なんでも気軽にチャレンジするのがいいのかなって思っています。チャレンジして、そこで「自分に合わない」という選択肢に出会うことだって成長ですし、1歩踏み出した後は2歩目を踏み出しやすいものですよね。

取材を終えて

「機会に飛びつく」……取材の中で、田辺さんがおっしゃった言葉の1つです。「機会を逃さない」という言葉はよく耳にしますが、それとは一味違うこの言葉のインパクトは想像以上に大きなものでした。

ひとつひとつの経験の中で、「今だ!」と思ったら手を伸ばし、「違う」と思ったら受け入れる、この姿勢が機会との出会いへと導く言葉だと感じましたが、その背景にあるサービスに対する愛や、ご自身が大切にするものへの素直な気持ちに、学ぶことがいくつもありました。お話を聞いていて、とにかくワクワクと希望をいただいた取材でした!

学生記者:富永みずき

souzoh-IMG_7191

企業紹介

株式会社ソウゾウのWebサイトはこちら

株式会社メルカリのWebサイトはこちら

Share.

About Author

富永みずき

都内女子大学に在学中。大学では「子どもの笑顔」をテーマに絵本と教育について学んでいます。 趣味は音楽鑑賞、お散歩、そして文章の読み書き。愛読書は『星の王子さま』。 将来は文章でお母さんと子どもたちを繋ぎたいと考えており、ハナジョブではその第一段階として、同世代の女の子の「あっ!」を応援する記事を書けるようになることを目標にしています。 大学三年目の今年は「現状打破」の年。星の王子さまで言う「目には見えないこと」を追いかけながら日々修行中です!

Comments are closed.