【インターン募集】若者による若者を対象にしたツアーの企画・運営!(笑亀酒造)

1

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

NPO法人ハナラボが研修をサポートする、女性の力に期待している長野県塩尻市の春休みインターンシップを応援!

交通費・宿泊費・活動支援金つき、4〜6週間現地で働き、企業の課題解決に取り組みます。

東京ではできない経験をしてみませんか?

インターン生のミッション「イベントの企画・運営×2!若者が参加したくなるイベントを実施せよ!」

明治16年(1883年)に創業し、130年以上の歴史がある酒蔵「笑亀酒造」。

創業当時より、みんなの笑顔をつなぎ、亀のように長生きすることを願ってお酒を造っています。若者に日本酒の魅力を発信するイベントを企画、運営していただきます!

明治16年から続く酒蔵、笑亀酒造とは?

塩尻伝統の酒の味

明治16(西暦1883)年、初代丸山紋一郎が、雄大なアルプスの山々を望む信州塩尻宿の陣屋跡にて、酒造業『嘉根満本家(かねまんほんけ)』を創業、銘酒「笑亀正宗」の醸造をはじめました。

shoki-3造り蔵の大屋根以来百二十余年、酒名を「笑亀」と改めながらも、塩尻伝統の酒の味を守ってきました。

現在は長野県の主席を取った男、森川貴之が杜氏を務め、できる限り手造りで手間を掛けながら清酒を醸しています。

一粒一粒の米の力を酒の味に活かし、生きた味わいの清酒を造り上げることを目指して杜氏をはじめ蔵人は日々研鑽を積んでいます。

また、信州産の美山錦を減農薬で契約栽培し、蔵元が米作りにも関わることで、できるだけ原料から目の行き届いた酒造りを行っています。

酒蔵を開放して開催される「蔵祭れ」

「蔵祭れ」とは、年1回の完成したての新酒が振る舞われるイベントです。登録有形文化財である酒蔵を開放し行っています。

塩尻はワインの街として知られていますが、実は地元の方々は地元の日本酒も大好きで、毎年1500名以上の参加者が集まります。酒蔵コンサートや仕込み体験などが催され、地域に愛されるイベントとなっています。

世界でひとつの自分のお酒!

お米の選択からお酒の種類、味のタイプ、 ラベルのデザインまで全てがお好みのままに、フルオーダーメイドの仕込をします。

さらに「自分のお米がお酒になる」。そんな楽しみを大勢の方に味わっていただきたいという思いから、お客様が持ち込んだお米で日本酒を仕込むサービスも始めました。

shiojiri-IMG_6033

アグレッシブな丸山社長

「酒づくり」

“サービス業”として酒づくりを捉え直し、上記のような新規サービスで顧客開拓を推し進めています。130年の伝統ある酒蔵を守るということだけでなく、「本気の遊び心」を持って新しいことにもチャレンジしています。

「街づくり」

酒蔵は街に支えられていると丸山社長は語ります。しかし、少子高齢化に伴い街から活気がなくなってきているのが実際です。

そこを何とかしようと、”まちづくり”の分野にも積極的に参加しており、考えているだけに留まらないその姿勢には目を見張るものがあります。

笑亀酒造だけでなく「しおじり街元気カンパニー」という”まちづくり”に特化した株式会社の代表取締役(インタビュー記事はこちら)。現在は、会長に就任しています。

具体的にはどんなことをするの?

新規顧客として若者(20代)を取り込めていないのが現状です。イベントに参加してくださる方も30代以上がほとんど。

将来のコアな顧客となる20代に、日本酒という「モノ」だけでなく、その背景にある文化や杜氏の魅力を伝える機会を創出したいと思っています。

期待する成果 ツアーを催し日本酒を知ってもらい、若者の声を聞く
仕事内容

ツアーの企画・運営

【STEP1】 

  1. 日本酒について知る
  2. 笑亀について知る
  3. 杜氏にヒアリングする
  4. ツアー企画を考える

【STEP2】 

  1. チラシの作成
  2. ツアーの告知
  3. ツアー準備

【STEP3】 ツアーの実施

  1. ツアーの実施・アンケート調査

【STEP4】 ツアー2の実施

  1. STEP3を踏まえ、2回目の実施
  2. 杜氏への報告
  3. マニュアルの作成
得られる経験

・酒造りの現場
・イベントの企画・運営

対象となる人

・日本酒に興味関心のある人
・イベントの運営に興味のある人
・やる気のある人

事前課題 詳しくはコーディネーターにお問い合わせください
期間 2016年2月上旬~3月中旬(4週間)
活動条件 週5日(土日・祝日は休み)9:00~17:00
宿泊所:陽だまりの家
※他企業でインターンする学生も宿泊するので安心です。
活動場所

笑亀酒造
長野県塩尻市塩尻町140

活動支援金 有り

経営者からのメッセージ:地元に愛される酒づくりを目指して

shoki-1私は10年間大手酒造会社で修行したあと、「地元のお酒をつくりたい」と思い、笑亀酒造に入社しました。

塩尻はワインのまちとして、塩尻=ワインというイメージもありますが、笑亀酒造は130年を超える歴史ある酒造です。笑亀酒造では春は山菜、夏は川魚、秋はきのこ、冬は漬物などの地元食材との相性の合うお酒を造っています。

しかし、若者のお酒離れなどもあり、地元に根ざしたお酒を造っていても、良さがわかる人がいないと廃れてしまいます。

今回のインターンシップでは、若者目線で日本酒造りの現場・味を知っていただき、若者の発想・行動力を活かして、日本酒ツアーを開催し、多くの人が日本酒を知りたいと思うきっかけになればと思います。

杜氏 森川貴之

エントリーはこちらから

興味をもったかたは、お気軽にお問い合わせください(POJECT INDEXへジャンプします)。

このインターンについて問い合わせる

【担当コーディネーター】
櫻山 博史/塩尻商工会議所総務課(塩尻市役所から出向中)

※詳細は上記「このインターンについて問い合わせる」よりご確認ください。

企業概要

  • 事業内容:清酒製造
  • 設立:明治16年8月
  • 代表者:丸山大輔
  • 資本金:1,000 万円
  • HP:http://www.syoki.com/
Share.

About Author

ハナジョブ編集部

ハナジョブ編集部スタッフです。