自分が学んだことや吸収したことを、人に伝え、人の役に立ててることが楽しい。(アグレックス)

0

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

学生の頃から仕事と家庭の両立を考えていたという広瀬さん。現在2歳のお子さんを持ちながら、確固たる意思を持って働き続けている広瀬さんのワークスタイルをご紹介します。

「仕事は自己実現のための手段」~そう語る広瀬さんのこれまでのワークスタイルとは?

現在のお仕事内容を教えてください。

現在は、部署内にいる社員の教育担当をしています。主に、社員にどのような研修が必要か考えて実施したり、事業部内で実施している試験の運営を行ったりしています。また、新入社員の教育研修も行っています。

現在の仕事に就くまで、どのようなお仕事をされてきたのでしょうか?

実は、アグレックスに入社する前に2度転職をしていまして…、最初は証券会社で窓口販売兼営業をしていました。次は車のリース会社に就職して、電話応対などの事務を担当していました。アグレックスに入社して、最初に配属されたのは、保険会社の代理店様のヘルプデスクで、9年間所属しました。そのうちの4~5年ほどは、メンバーの教育や、クレーム処理等が主な仕事です。その後、出産・育児休暇を経て、現在の部署に配属されました。

広瀬さんはどんな学生時代を過ごしていたのですか?

中学・高校共にバトミントン部で部活中心の生活をしていたので、その反動で大学では遊んでばっかりでした(笑)。テニスサークルに所属して、サークルの仲間とドライブなどをして楽しんでいました。

現在の会社に入社を決めたきっかけは何ですか?

人と接する仕事がしたいと思って、最初は証券会社に就職をしましたが、取り扱っている商品と自分の考えがうまくかみ合わなくて、車のリース会社に転職しました。その会社に決めたのは、車に興味があったからです。けれど、その会社では正社員ではなかったので、正社員として働くことができるアグレックスを選びました。今までの会社で身に着けた保険の知識や電話応対の知識をアグレックスでは活かすことができると思ったことも理由のひとつです。

「人生は何かをやりとげることが必要」~仕事と家庭を両立している広瀬さんの確固たる思いとは?

仕事の楽しさと苦労を教えてださい。

自分が学んだことや吸収したことを、人に伝えて、さらにその人の役に立てることが楽しさです。
ヘルプデスクの部署にいたときは、グループのリーダーとして、各メンバーにそれぞれどのような働きかけが必要なのかを考えて、行動することが難しいながらも楽しかったです。

苦労したことは…あまり思い出せないですね(笑)。お客様の要望と社員の思いのすり合わせがうまくいかない時に苦労したことでしょうか。

広瀬さんが仕事で心がけていることや大事にしている思いなどを教えてください。

出産してからは、仕事と家庭の両立ができるように、効率的に仕事をしようと心がけています。大事にしていることは「手を抜かない」ことです。この仕事は何のためにするのかを考えてから仕事に取り組んでいます。そして最後まで、「これでいいや」と妥協せずに、一生懸命やるようにしています。

広瀬さんにとって仕事とは何ですか?

自分を表現する場です。自分が考えたことや吸収したことを仕事に反映させていくことができるんです。また同時に、自分を成長させていく場でもあります。実際、今の部署で身につけた「人を育てる」という能力が育児にも生かされていると思います。

仕事と家庭をどのようにして両立させているのでしょうか?

今いる職場の仲間が理解してくれて、フォローしてくれるから両立できているんだと思います。あとは、実家の母が子供の面倒を見てくれたり、夫が家事を手伝ってくれたりするお陰です。

広瀬さんの休みの日の過ごし方を教えてください。

休みの日は子供と遊んだり、家事をしたりしています。私は子供と向き合うと仕事から家庭へと完全に気持ちが切り替わるので、それが気分転換になっています。

将来の夢を教えてください。

人に何かを伝えることはずっと続けていきたいです。あとは、学生の頃からの目標である仕事と家庭の両立を続けたいと思っています。実は、私の母が典型的な良妻賢母みたいな感じだったんです。学校から帰ると必ず家にいてくれました。しかし、あることがきっかけで、人生は何かをやりとげることが必要だと思い、自分は仕事を続けていこうと考えるようになりました。

女子学生に対して何かメッセージをお願いします。

社会人と学生の差は「時間」だと思うんですね。社会人になると自分の時間も減っていくので、学生のうちに自分のやりたいことや、興味のあることをやっておくことが大事だと思います。今のうちにたくさん吸収すれば、それが後に仕事で必ず活きてくると思います。まだまだ先のことだと思いますが、出来たら子育ては経験することをお薦めします。私は、子育てをすることによって、「効率良くやる力」や「なんとかする力」、「忍耐力」などが、子育て前より格段についたと思います。そして、それらが仕事にプラスになっていると思います。

インタビューを終えて( 学生記者:中並沙緒理)

優しい笑顔が印象的だった広瀬さん。しかしその笑顔の裏には、「仕事と家庭を両立させる」という強い決心が伺えました。私も仕事と家庭をうまく両立できたキャリアウーマンになりたいなと思いました。広瀬さんありがとうございました!

Share.

About Author

ハナジョブ学生記者

2008年〜2012年までの学生記者たち

Leave A Reply